低反発マットレスの選び方とおすすめ人気ランキング10選

最近は腰痛や肩こりに効果的な高反発マットレスが注目されがちですが、低反発マットレスならではの寝心地の良さは今なお人気が続いています。

 

しかし低反発マットレスは商品の数がとても多く「一体どれを選べば良いのか…」と悩むことも。

 

そこで今回は低反発マットレスの選び方のポイント、そしておすすめの商品をランキング形式で紹介していきます。

 

高反発マットレスが合わなかった、低反発マットレスが好き、失敗したくない!といった人はぜひこの記事を参考にして、理想的な低反発マットレスを選んでみて下さいね。

 

 

低反発マットレスを選ぶときに気をつけたい3つのポイント

失敗しない低反発マットレスを選ぶには次の3つのポイントを意識しましょう。

 

  1. 用途に合わせた厚みを選ぶ
  2. 保証内容をしっかりと確認する
  3. 通気性や衛生面に配慮されたマットレスを選ぶ

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

重ねて使う、単体で使うなど用途に合わせて厚みを選ぶ

低反発マットレスは今使っている敷布団と重ねて使用したり、単体で床や畳の上に敷いたり、と様々な用途があります。

 

厚みの目安は次のとおりです。

 

重ねて使う(マットレストッパー)

4cm以上

単体で使う

5cm以上(7〜8cmあれば安心)

 

特に単体で使用する場合は、しっかりとした厚みがないと底付き感が出てしまう可能性があるので慎重に選びたいところ。

 

また人によっては「車中泊やキャンプに持っていきたい!」というケースもあるでしょう。

 

その時は三つ折りタイプなどコンパクトで持ち運びに便利な低反発マットレスを選ぶのがおすすめです。

 

関連記事:高反発マットレスと低反発マットレスの違いって?どっちがあなたに合うのか特徴を徹底比較

 

保証内容を確認して長く使えるものを選ぶ

品質の高い低反発マットレスは、一般的なマットレスに使われるスプリングやコイルと比べても高耐久を誇ります。

 

しかし品質の悪いものだと、半年も使わないうちにへたりが出て使い物にならない…というケースも。

 

せっかく購入するなら長く使い続けたいのは当然のことですよね。

 

きちんとこだわった素材を使っているのかを判断するのはなかなか難しいので、1つの判断材料として「保証期間」をチェックするのが有効になってきます。

 

保証期間が3年以上の商品なら、長期に渡って使い続けても、万が一中材がへたったとき交換に応じてもらえるため安心です。

 

中には10年以上の保証期間を設け、品質に絶対の自信を持つ低反発マットレスもあるので、品質とコスパの両方にこだわりたい人は保証に注目してみてください。

 

関連記事:お返金保証のあるマットレス一覧【安心して買える商品選び】

 

通気性、衛生面に気をつけて睡眠環境を快適にする

低反発マットレスに使われる素材のほとんどは低反発ウレタンです。

 

ウレタンはどうしても通気性が悪く、汗や梅雨時期などの湿気によってカビが生えたり、ダニが繁殖したりしやすく、ハウスダウスが気になりやすいのがネック。

 

商品によって通気性が高い素材や、メッシュ加工などのカバーを使っているものがあるので、ハウスダウスが気になる人はこういったポイントを見逃さないようにしましょう。

 

また防ダニ、抗菌加工が施されているマットレスを選ぶのもおすすめです。

 

関連記事:マットレス素材6種類の特徴・メリット・デメリットを分かりやすく解説

 

おすすめの低反発マットレスランキングトップ10

上記した選ぶポイントを踏まえた上で、おすすめの低反発マットレスをランキング形式で10個紹介していきます。

 

どの低反発マットレスにしようか悩んでいる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

第10位:アイリスオーヤマ低反発マットレストッパー4cm(三つ折りタイプ)

家電やインテリアなどでお馴染みのアイリスオーヤマから販売されている低反発マットレスです。

 

布団やベッドマットレスに重ねて使う、いわゆるマットレストッパータイプの商品になっていて、今の睡眠環境をワンランク上げたい人にピッタリ。

 

通常のウレタンよりも大きな穴の「無膜ウレタンフォーム」を採用することで通気性が抜群で、熱気や湿気をしっかりと通してくれるため、通気性抜群です。

 

表面に凹凸を施すプロファイル加工によって、体の沈み込みをよりナチュラルなものにし、理想的な体圧分散性を発揮してくれます。

 

アイリスオーヤマらしいリーズナブルな価格となっているので、コストを極力抑えたい人にもぜひ検討してみてほしい商品です。

 

シングル(幅97cm)

6,155円(税込)

 

Amazonで商品を見る

 

第9位:低反発マットレスfuwawa

そのまま使っても、重ねて使ってもOKな低反発マットレスです。

 

優れた体圧分散性で体を労りながら心地良い眠りを体験できる、大人気商品。

 

厚みがしっかり8cmあるので底付き感はまったくなく、さらに柔らかく軽いため三つ折りにしたり、丸めたりできるため持ち運びも簡単です。

 

自宅用はもちろん、急な来客用やアウトドア、車中泊など様々なシーンで活躍してくれるでしょう。

 

敷布団などに重ねて使いたい人向けに4cmタイプも用意されています。

 

カバーはリバーシブルタイプになっていて、季節に合わせて使い分けられるのもgood。

 

低ホルムアルデヒド素材なのでアレルギーやシックハウス症候群に敏感な人にもピッタリです。

 

シングル(幅97cm)厚さ8cm

5,980円(税込)

シングル(幅97cm)厚さ4cm

4,980円(税込)

 

Amazonで商品を見る

 

第8位:ニトリ低反発マットレスプレミアフィット2

家具量販店のニトリから販売されている低反発マットレスの1つで、厚さ8cm、抗菌・防臭仕様が魅力の商品です。

 

低反発ならではの吸い込まれるようなフィット感、そして使っている寝具に重ねて使える仕様となっています。

 

抗菌・防臭加工のカバーは取り外して洗濯機で洗えるので、いつでも清潔を保てるのもポイントです。

 

なお細かい点になりますが、カバーは四隅にボムバンドがついているため、敷布団やマットレスとのズレを防ぎ、ストレスなく使えるよう配慮されているのも嬉しいところ。

 

ニトリのベッドフレームなどと組み合わせて使えるのも良いですね。

 

高品質で本格派の低反発マットレスを選びたい人にチェックして欲しい商品となっています。

 

シングル(幅97cm)

15,176円(税込)

セミダブル(幅120cm)

17,213円(税込)

ダブル(幅140cm)

20,268円(税込)

保証期間

1年間

 

楽天市場で商品を見る

 

第7位:GOKUMIN低反発マットレス

低反発ジェルメモリー素材を採用することにより、従来のウレタンにはなかった弾力性・復元力、そして抜群のフィット感を味わえる低反発マットレスです。

 

過度に柔らかすぎることはなく、適度な硬さがあるので、低反発に慣れていない人にも使いやすくなっています。

 

通気性にこだわった穴あき加工を施すことで通気性を確保しているため、夏でも冬でも快適に使え、さらに竹炭による消臭サポートもプラス。

 

リーズナブルな価格にも関わらず、メインのマットレスとして長く使い続けられる高品質な商品となっています。

 

シングル(幅97cm)

7,980円(税込)

セミダブル(幅120cm)

8,980円(税込)

ダブル(幅140cm)

9,980円(税込)

保証期間

1年間

 

Amazonで商品を見る

 

第6位:ottostyle.jp 低反発マルチマットレス

様々なシーンで活躍できるよう、場所を選ばないマルチマットレスです。

 

くるくると簡単に丸めることができ、収納や持ち運びが簡単なため、ちょっとしたお昼寝やリラックスタイム、車中泊、キャンプなど用途が多彩。

 

適度な硬さの低反発ウレタンを使用することで体の形に沿って沈み込み、体圧を均一に分散して支えてくれるため、しっかりと体を休められます。

 

非常にリーズナブルな価格なのでサブマットレスとして購入するのにもおすすめです。

 

シングル(幅97cm)

4,480円(税込)

 

Amazonで商品を見る

 

第5位:Avenco低反発マットレス

7cmメモリージェルと14cmの高密度スポンジを組み合わせたマットレスです。

 

メモリージェルは温度調整機能があり、睡眠に適した温度をキープすることで睡眠の質を改善し、一晩中ぐっすり。

 

従来のウレタンと比べて数倍の復元率と通気性を誇るため、湿気対策もバッチリです。

 

高密度スポンジを採用することで、睡眠中にかかる体への負担を軽減し、仰向け、横向き、うつ伏せとあらゆる寝姿勢をサポートします。

 

また生地にもこだわりがあり、高級ニット生地を採用。

 

程よい反発・ハリのある感触で、同時に効率よく湿気を逃がす作りになっているため、サラッと快適な眠りを演出してくれます。

 

シングル(幅97cm)

26,780円(税込)

セミダブル(幅120cm)

31,780円(税込)

 

Amazonで商品を見る

 

第4位:Newentorマットレス7cm

最新素材のジェルメモリーフォームと高反発ウレタンを組み合わせた2層構造のマットレスです。

 

ジェルメモリーフォームは優れた低反発素材で、従来の低反発ウレタンと比べて通気性が約6倍も高く、熱がこもりにくく、湿気をしっかりと逃してくれるため寝心地と衛生面の両方に効果的。

 

また下層部を高反発マットレスにすることで、体圧分散性と寝返りサポートの両方をしっかりと実現し、睡眠時の不快感や痛みなどを軽減し、心地良い眠りを実現してくれます。

 

厚みは7cmなので底付き感はなく、床置きタイプとして利用OKです。

 

なお使用素材は「Oeko-Tex」で認証されたもので、有害物質は一切含まれておらず、安心して毎日使えるのもポイントになります。

 

価格もリーズナブルなので、お試し感覚で購入するのにもバッチリ。

 

シングル(幅100cm)

8,800円(税込)

セミダブル(幅120cm)

9,999円(税込)

ダブル(幅140cm)

9,999円(税込)

 

Amazonで商品を見る

 

第3位:ジヌス(Zinus)低反発マットレス25cm

「はじめての低反発マットレス」な人におすすめのマットレスです。

 

低反発マットレスは柔らかすぎてかえって寝心地が悪い、という意見もあります。

 

ジヌス低反発マットレスはやや硬めの低反発マットレスになっていて、誰が使っても丁度よい硬さなので入門編としてピッタリ。

 

3層構造になっていて、表面はメモリーフォームという低反発素材、中央に高密度フォーム、そして底部に高反発サポートフォームを採用することで、寝心地、体圧分散性、寝返りサポートとすべての面をカバーしています。

 

炭・緑茶抽出成分を配合することで、ニオイやバクテリアを自然に防ぐ効果もあり、衛生面もバッチリです。

 

シングル(幅97cm)

16,300円(税込)

セミダブル(幅120cm)

22,900円(税込)

ダブル(幅140cm)

28,300円(税込)

保証期間

1年間

 

Amazonで商品を見る

 

第2位:トゥルースリーパープレミアム

テレビショッピングでお馴染みのショップジャパンが販売するトゥルースリーパープレミアム低反発マットレスは、国内で最大級の知名度・人気を誇る商品です。

 

高品質な低反発マットレスの王道・定番と言えるでしょう。

 

弾力性・復元力に優れ、体温や体圧に応じて形状が変化する低反発素材「ウルトラ ヴィスコエラスティック」を使用することで、体にピッタリとフィットし、理想的な快眠をもたらしてくれます。

 

無理のない寝姿勢をキープし続けてくれるので、背骨をまっすぐにしたまま寝ることができ、腰や肩にかかる負担を分散し、起きたときのすっきり感が段違いです。

 

シングル(幅97cm)

25,080円(税込)

セミダブル(幅120cm)

27,060円(税込)

ダブル(幅140cm)

29,480円(税込)

クイーン(幅160cm)

31,680円(税込)

 

Amazonで商品を見る

公式サイトで見る

 

第1位:SLEEPMADEプレミアムマットレス

Amazonのベッドマットレス部門でベストセラーを獲得する実績を持つ、大人気のマットレスです。

 

最高レベルの耐久性を誇るタフネスさが魅力で、5〜8年前後の耐久性があり、一度購入すれば快適なまま長く愛用できます。

 

厚みは約5cmなので「薄いから不安」と思われがちですが、高弾性×低反発の2層構造にすることで、底付き感がなく、マットレストッパーとしても単体でも使用可能。

 

リバーシブルタイプなので、高弾性タイプ・低反発タイプを選ぶことができ、ニーズに合わせた睡眠環境を作り上げられます。

 

防ダニ・抗菌・防臭加工が施されているので衛生面もバッチリで、毎日安心して心地良い眠りにつくことができる、理想的な低反発マットレスと言えるでしょう。

 

シングル(幅100cm)

16,800円(税込)

保証期間

1年間

 

Amazonで商品を見る

 

まとめ

今回は低反発マットレスの選び方のポイントやおすすめ商品などを紹介しました。

 

もう一度内容をおさらいしておきましょう。

 

  • 敷布団に重ねるなら薄型を、単体で使うなら厚型を、と用途に合わせた厚みを選ぶ
  • 長く使い続けたいなら保証内容をしっかりと確認する
  • 通気性や衛生面に配慮されたマットレスで睡眠環境を整える

 

以上3つが本記事のポイントです。

 

「低反発マットレスって何を目安に選べば良いの?」
「どんな商品があるのか知りたい」

 

といった人は、ぜひこの記事を参考にしてあなたの睡眠の質をぐっと高めてくれる低反発マットレスを購入してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加