高反発マットレスと枕の関係。相性が良くないと睡眠の質が悪くなってしまうことも。

高反発マットレスの寝心地は良いものの、朝起きると首のコリや肩こりを感じているということであれば、枕が合っていないのかもしれません。高反発マットレスを使う際には、マットレスに合った枕を選択しましょう。

 

高反発マットレスは、反発マットレスに比べて肩こりや首こりが発生しにくいため、高反発マットレスを使っているのに首がこってしまうという方は枕を見直すことで状態が良くなるかもしれません。

 

高反発マットレスに最適な枕選び

まず、硬さについてですが、これはマットレスと同じ硬さであるのが理想的と言われています。これは、マットレスと枕で硬さが違う場合、寝返りを打つときに腰と頭が同時に寝返りをしないからです。

 

そのため、まずは今使っているマットレスと枕の硬さが同じか確認してみましょう。高反発マットレスの中には、枕を使わなくても快適に眠れるものもあります。しかし、枕というのは首や肩のこりを抑えるのにも効果的であるため、基本的には使うようにしましょう。

 

頭を乗せた時に深く沈み込んでしまう枕を使うと、高反発マットレスに乗せた腰は寝返りを打ちやすいものの、頭がついてこない状態になってしまいます。

 

高さについては、あまり高いものはおすすめできません。ポイントは、寝ている時も立っている時と同じ姿勢が維持できているかどうかということです。枕に頭を乗せるとあごを引いたような形になる場合は、低い枕に交換するか枕にタオルを巻いて調整しましょう。

 

そのような姿勢ではいびきをかきやすくなってしまいます。

 

枕選びのポイント

枕選びをする際には、実際にお試しした上で自分に合っているのかチェックしてみた方が良いです。その際には、仰向けに寝るだけではなく、必ず寝返りも打ってみましょう。

 

注意しなければならないこととして、敷布団、低反発マットレス、高反発マットレスのうち、どれの上に枕を置くのかによって感覚は違ってくるため、お店でお試ししようと思っている場合は高反発マットレスの上に置いて確認しましょう。

 

快適に眠れる枕というのは、通気性が良いです。中に熱気がこもってしまうような枕は寝ている最中に不快感があり、朝すっきりと起きられないものもあるため避けておきましょう。

 

マットレスの高さが合っていないと睡眠不足やいびき、不眠などに繋がってしまうこともあるため、たかが枕と考えず、慎重に選ぶことが大切です。

 

いびきに悩んでいる方の場合、いびき用に開発された枕などもあるのでチェックしてみてくださいね。

 

枕の素材の特徴や選び方

高反発マットレスと相性のいい枕(高反発まくら)はコレ!

 

めりーさんの高反発枕

今までにない新感覚枕!首・肩が痛い方や前傾姿勢でお悩みのの方にもおすすめの高反発枕です!

公式サイトはこちら

 

正しい姿勢で寝ることができる横向き寝促進まくら

 

YOKONE(ヨコネ)

朝目覚めたらスッキリ。イビキや肩こり解消の効果に期待できます!

公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加