高反発マットレスはライフスタイルに合わせたサイズを選ぼう!

快適な眠りを手に入れるために注目されている高反発マットレス。もちろん各商品のスペックや特徴にこだわるのは大事なのですが、それと同じくらい重要視したいのが「ベッドサイズ」になります。

 

せっかく高反発マットレスを買ったのに、思っていたよりも小さかった、あるいは必要以上に大きいものを買ってしまった、ということがないようにしっかりとサイズについても考えて選ぶようにしましょう。

 

一般的なベッドサイズについて

まずは一般的なベッドサイズからチェックしていきましょう。

 

シングル

平均的なシングルのサイズは、幅97cm〜100cm、長さが195cm〜200cmくらいのものが多いです。言うまでもありませんが、1人用のサイズになります。

 

ほとんどの高反発マットレスはシングルサイズを用意しています。なのでスタンダードに使える1枚のサイズとして抑えておきましょう。なお、身長が高い方や、横幅のある方はシングルサイズでは不十分なこともあるので注意しておきましょう。

 

セミダブル

セミダブルは何となく「ギリギリ2人分」というイメージがあるかもしれませんが、実際は「ゆったり1人用」になります。幅120cm、長さ195cm〜200cmくらい。

 

シングルと比べてたった20cmくらいしか横幅が広くなっていないと感じられるかもしれませんが、一人で横になったときに「十分広い!」と実感できるサイズです。寝相が悪い人も安心。ほとんどの高反発マットレスで用意されているサイズです。

 

ダブル

ダブルは標準的な2人用サイズになります。横幅が140cm、長さが195cm〜200cmくらいになります。

 

一般的に販売されている2人用サイズはダブルになり、夫婦やカップルで使うイメージがあります。しかし、体格にもよるのですが、2人で横になると意外と狭く感じられることも多いです。

 

なので、2人でゆとりを持って寝たいならクイーン、キングの方が良いかもしれません。しかし残念ながら、ほとんどの高反発マットレスはダブルサイズまでしか用意されていないことが多いです。

 

ケース別に考えてみよう

次に高反発マットレスのサイズをケースに当てはめて考えてみましょう。

 

1人用の場合

1人用の場合はシングル、もしくはセミダブルのどちらかを選ぶことになると思います。ほとんどの人はシングルになるでしょう。ただシングルの場合、寝返りを打ったときにうっかり落ちてしまうこともあるので、よりゆったりと休みたいならセミダブルがオススメです。

 

2人用の場合

2人用ならダブルが定着していますが、体格の良い人同士だとかなり狭く感じられるでしょう。なのでゆったりとしたいならクイーンサイズが良いかもしれません。ただ、取り扱っている高反発マットレスはあまり多くはありません。

 

夫婦+子供の3人で使う場合

子供が小さい時は「親子川の字」で寝る機会も多いと思います。こういった場合、ダブルやクイーンでは狭く感じられるでしょう。

 

そこでオススメしたいのがシングル、もしくはセミダブルを横に2枚つなげるスタイルです。シングル2つの場合だと194cm〜200cmの横幅に、セミダブルの場合だと240cmの横幅になります。特にセミダブル2枚だとかなり余裕が出るのでオススメです。

 

サイズだけでなく厚みも考慮して

高反発マットレスは各商品によって厚みが随分と異なります。例えば、敷き布団やベッドの上にセットすることを前提として作られたもものなら4cm〜7cmくらいの厚さになっています。しかし一方で、高反発マットレス単体で使うことを前提としているものは10cm〜20cmくらいの厚さになります。

 

もしも単体で使うことを考えているならできるだけ厚みがあったほうが良いですし、今使っている寝具にセットすることを考えているならあまり厚みがあり過ぎるのは使いづらいと思います。

まとめ

ということで今回は高反発マットレスのサイズについて紹介してきました。せっかく質の良い睡眠が得られる高反発マットレスですので、サイズにもこだわっていきましょう。

 

なお、身長が高い方に関しては、ロングタイプのサイズがオススメです。一般的なサイズだと200cmくらいが最長なのですが、ロングタイプは207cm〜210cmくらいの長さがあります。足までしっかり伸ばして眠れますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加