不要になった高反発マットレスを処分する際にはどうすればいい?

高反発マットレスといえば、折りたたむのも難しく、引越しや買い替えをする際に高反発マットレスの処分方法に悩んでしまう方もいるでしょう。大きなごみになるため、処分する際にかかる費用も気になりますよね。

 

ごみとして処分する場合、できるだけお金がかからず簡単な方法を選択したいものです。高反発マットレスの処分方法に悩んでいる方は次のポイントをチェックしてみてください。

 

一番お得なのは買い替え

マットレスを販売している業者の中には、新しくマットレスを購入した際に古い高反発マットレスを引き取ってくれるところがあります。千円〜3千円程度の料金がかかってしまう場合もあるのですが、無料で引き取ってくれるところがあれば、お願いしましょう。

 

新品を購入したとしても引き取りは行っていないという業者もあるため、注意が必要です。この点は事前に確認しておきましょう。

 

ただし、買い替え時に引き取ってもらうという処分方法が一番お得なのはあくまで無料で引き取りをしてもらえる場合です。3千円程の処分費用がかかるということであれば、粗大ごみに出した方がお得になります。

 

粗大ごみとして処分する

高反発マットレスは大きいものであるため、通常のごみとして処分することはできません。自治体によってマットレスがどのような分類になるかというのは違うため、確認した上で処分しましょう。

 

ほとんどの自治体では粗大ごみという扱いになります。地域によって回収方法も異なりますが、一般的には処分費用分のシール(粗大ゴミ処理手数料券)を購入して貼り、指定の場所に置いておくか引き取りに来てもらう形になるでしょう。

 

専用シールの販売場所も地域によって違いますが、多くの地域ではスーパーやコンビニなどで売っています。

 

粗大ごみとしてマットレスを処分する場合にかかる費用は千円前後です。

 

一つの裏技として、小さくばらして通常のごみとして処分する方法もあります。スプリングが入っているタイプのマットレスだと危険なのですが、スプリングのない高反発マットレスであれば比較的安全に処分できるでしょう。

 

地域によって何センチ以上を粗大ごみと設定しているかは違うため、確認した上でそれ以下の大きさにばらす必要があります。

 

不用品回収・廃品回収業者はやめておいた方が良い

こういった業者の中には「無料で引き取りをしています」とマイクで放送しているトラックを走らせているところもありますよね。ですが、実際に高反発マットレスの処分をお願いすると「無料ではできない」と言われてしまうケースが多いようです。

 

料金の相場は5千円前後となっているため、粗大ごみとして処分した方が断然お得だといえるでしょう。料金がかかると言われたら断ればいいや、と思って声をかけたところ、粘られてしまいなかなか断れず、結局お金を支払ってしまったという方もいるため注意が必要です。

 

高反発マットレスを無料で処分するには

高反発マットレスの処分方法についてご紹介しましたが、確実に無料で処分したいということであれば、自分で小さくばらして通常のごみとして捨てるという方法が確実です。その他の方法を選択する場合には無料で処分できない可能性が高いです。

 

粗大ごみとして処分する際には、回収に来てもらうのではなく、自分で粗大ごみの回収センターに持ち込みをすると割引が適用されるケースもあるため、自分が住んでいる地域の場合はどのようになっているかチェックしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加