太っている人にオススメのマットレスとは?体への負担を少なくし、しっかりと疲れが取れる良質な商品の選び方

画像

太っている人、体重の重い人で「寝起きに体が痛い」「全然寝た気にならない」といった悩みを抱えているケースが多いです。

 

一般的な人よりも重いため、体の沈み込みが大きく、肩や腰などへの負担が大きいことが原因として考えられます。

 

そこで今回は太っている人が快眠できるマットレス選びの3つのポイント、そしておすすめのマットレスを紹介していきましょう。

 

この記事を読めば、太っているから、肥満だから…と諦めることなく理想的な睡眠を手に入れられるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

太っている人がマットレスを選ぶときに覚えておきたい3つのポイント

太っている人はマットレス選びの際、次の3点を意識してみてください。

 

  1. 体圧分散性
  2. 高反発力
  3. 通気性の良さ

 

それぞれ詳しい内容をみていきましょう。

 

 

太っている人こそ体圧分散性に優れたマットレスを選ぶ

太っていると腰・肩といった部位にピンポイントに負荷がかかりやすくなってしまいます。

 

これが寝起きに体の節々が痛くなる原因の1つです。

 

そこで体圧分散性に優れたマットレスを選ぶことを第一に考えましょう。

 

体圧分散性とは横になったときの体圧をどれくらい効率よく分散してくれるかを表すものです。

 

関連記事:【体圧分散性に優れているマットレスの真実】なぜ重要なのかを徹底解説

 

メートルやキログラム…といった明確な単位があるわけではないため、判断が難しいところではありますが、少なくとも「体圧分散性に優れている」と銘打ったマットレスを選ぶのが良いのは間違いありません。

 

体圧分散性の良いマットレスなら体への負担が小さくなり、寝起きの疲れの取れ具合やスッキリ度合いが変わってきます。

 

高反発力のマットレスを選んで寝返りサポート

太っている人はその分だけ寝返りを打つのに必要なエネルギーが大きくなってしまいます。

 

そのため寝返りのたびに目が覚めてしまったり、そもそも寝返りの回数が減ってしまったり…といったことも。

 

寝返りを打たないと体への負担が蓄積されていきますし、血流やリンパの流れも阻害されてしまうため、健康に良くないのは明らかですよね。

 

高反発力マットレスは押し返す力が強いため、少しのエネルギーで寝返りが打てるようサポートしてくれます。

 

関連記事:高反発マットレスとは?低反発マットレスとの違いを徹底解説

 

太っている人、寝返りをあまり打たない人ほど恩恵が大きくなるわけです。

 

なお反発力は「N(ニュートン)」という数値で表現されています。

 

体重ごとの目安となるニュートンをまとめると次の表のとおりです。

 

50kg以下

100N

50〜80kg

150N

80〜100kg

180N

100kg以上

200N

 

ご自身の体重から、どれくらいのニュートンのあるマットレスを選べば良いか判断してみてください。

 

通気性の良いマットレスで湿気と熱対策

高反発マットレス…特に高反発ウレタンを使用している商品は、課題として通気性の悪さが挙げられます。

 

ウレタンという素材の宿命とも言えるでしょう。

 

太っていると発熱量が多く、また保熱性が高いので、睡眠時の暑さや汗による蒸れが気になって、眠りが浅くなってしまうことも。

 

そこで通気性に優れた高反発マットレスを選ぶのがおすすめです。

 

最近は新素材としてウレタンでも通気性の良いものや、樹脂をチューブ状に加工した中材を使うことで抜群の通気性を誇る素材なども登場しています。

 

関連記事:マットレス素材6種類の特徴・メリット・デメリットを分かりやすく解説

 

太っている人におすすめの高反発マットレスランキングトップ7

上記したポイントを踏まえた上で、太っている人におすすめのマットレスをランキング形式で7商品紹介していきます。

 

どれを買えば良いか悩んでいる人はぜひチェックしてみてくださいね。

 

第7位:スリープル

新素材「H.R.R.高反発フォーム」を採用することで、高反発と復元力、そして体圧分散性のすべての面で優秀な性能を発揮する高反発マットレスです。

 

ニュートン値は176Nと十分しっかりとしていて、体重の重い人、ガッシリとした体格の人でも安心。

 

多孔質構造のフォームなので、温度変化や通気性に強みがあり、サラッとした寝心地で一年中快適に使えます。

 

価格はかなりリーズナブルなため、高反発マットレス入門編として試してみるのもおすすめです。

 

シングル(幅97cm)

6,980円(税込)

セミダブル(幅120cm)

8,480円(税込)

ダブル(幅140cm)

9,980円(税込)

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第6位:しまむらの「起き楽」マットレス14cm

衣類量販店のしまむらから販売されている高反発マットレスです。

 

ニュートン値は260Nとかなりしっかり目の反発力になっていて、太っている人も満足の寝返りサポートを体験できます。

 

表面に無数の凹凸をつける加工が施されていて、これが体圧分散性を高め、背中、肩、腰…といった、寝ている間に痛くなりやすい部位をしっかりとカバー。

 

また商品ラインナップがかなり豊富なので、好みや使い方に応じて購入できるのも嬉しいですね。

 

▼起き楽ヘッドマットレス(厚さ14cm)

シングル(幅97cm)

19,800円(税込)

セミダブル(幅120cm)

24,800円(税込)

ダブル(幅140cm)

29,800円(税込)

 

▼起き楽敷布団マットレス(厚さ7cm)

シングル(幅97cm)

9,800円(税込)

セミダブル(幅120cm)

12,800円(税込)

ダブル(幅140cm)

14,800円(税込)

 

▼起き楽マットレスパッドAir Top(厚さ4cm)

シングル(幅97cm)

5,800円(税込)

セミダブル(幅120cm)

7,800円(税込)

ダブル(幅140cm)

9,800円(税込)

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第5位:ムアツふとん

国内老舗高反発マットレスとして有名なムアツふとんは太っている人にもピッタリの商品です。

 

3層構造になっていてそれぞれ異なる硬さにすることで理想的な体圧分散性と優れた反発力を発揮します。

 

上層

160N

中層

350N

下層

220N

 

どの層もニュートン値が高く、しっかりとした寝心地を体験できるでしょう。

 

またムアツふとんは商品ラインナップが非常に豊富で、好みに合わせたマットレスをチョイスできるのが特徴的です。

 

1枚でOKなものから、今使っている敷布団やベッドと重ねて使うタイプまで実に幅広く、ニーズに合わせて購入できます。

 

▼ムアツ スリープ スパ BASIC スタンダード Sp-2

シングル(幅97cm)

66,000円(税込)

セミダブル(幅120cm)

88,000円(税込)

ダブル(幅140cm)

110,000円(税込)

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第4位:モダンデコ

しっかりとした高反発と、復元率98%オーバーのへたりにくさが特徴のマットレスです。

 

ニュートン値は190Nと太っている人も安心の反発力となっていて、寝返りの打ちやすさや朝起きたときのすっきり感をしっかりと体験できます。

 

モダンデコの魅力はなんと言ってもリーズナブルな価格です。

 

高反発マットレスは値段が高い商品が多く、なかなか手軽に購入することができない…という人もたくさんいますが、これだけ安ければ入門編としてとっつきやすいですね。

 

また1年間の保証が用意されているので、万が一へたりが出てきたときも安心。

 

シングル(幅97cm)

4,999円(税込)

セミダブル(幅120cm)

6,899円(税込)

ダブル(幅140cm)

7,899円(税込)

保証期間

1年間

 

公式サイトへ

 

第3位:スリープマジック

アスリートから絶大な支持を受けている高反発マットレスで、体をいたわること、疲れをしっかりと取り除くことに定評があります。

 

反発力はなんと350Nもあるため、かなり体重が重い人でも大満足の寝返りサポートを体験することができるでしょう。

 

ウェーブ状のマットレス構造になっていて、これが体のラインに沿って理想的な体圧分散性を発揮するため、ソフトな寝心地なのに体への負担を大きく軽減してくれます。

 

厚みは好みに合わせて2種類が用意されているので、底付き感が心配な人は極厚タイプを選ぶと良いですね。

 

極厚マットレス

厚さ14cm

マットレス9.0

厚さ9cm

 

また3年間の保証が用意されているため、へたってしまったときの心配がないのもおすすめする点の1つになります。

 

▼極厚マットレス(厚さ14cm)

シングル(幅97cm)

54,890円(税込)

セミダブル(幅120cm)

65,890円(税込)

ダブル(幅140cm)

76,890円(税込)

 

▼マットレス9.0(厚さ9cm)

シングル(幅97cm)

43,890円(税込)

セミダブル(幅120cm)

54,890円(税込)

ダブル(幅140cm)

65,890円(税込)

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第2位:コアラマットレス

快眠をもたらすための3層構造で作られた高級マットレスです。

 

各層で硬さが異なります。

 

第1層

70N

第2層

120N

第3層

200N

 

このように表面は柔らかく、底の部分はしっかりとした反発力があるため、包まれるような寝心地と同時に、高反発ならではの寝返りサポートが受けられるため、寝起きのすっきり感は絶大です。

 

独自素材のクラウドセルを採用することで通気性に優れ、蒸れや熱のこもりを気にすることなく、一年中サラッとした快眠を得られるのもポイント。

 

また120日間のトライアル期間、そして10年間もの長期保証と安心と納得の上で購入できるのも魅力的です。

 

シングル(幅97cm)

72,000円(税込)

セミダブル(幅120cm)

82,000円(税込)

ダブル(幅140cm)

92,000円(税込)

クイーン(幅160cm)

102,000円(税込)

保証期間

10年間

お試し期間

120日間

 

公式サイトへ

 

第1位:モットン

腰痛対策として大人気の高反発マットレス「モットン」は太っている人にもピッタリの商品です。

 

モットンは使う人の体型に合わせて3つの硬さを用意しています。

 

ソフト

140N

レギュラー

170N

ハード

280N

 

やや太り気味の人はレギュラーを、太っている人はハードを選ぶと良いですね。

 

優れた体圧分散性と高反発による睡眠サポートが得られるため、寝ている間に関節や筋肉をしっかりと休め、同時に寝返りも簡単に打てるので血液やリンパの流れを阻害するリスクが大幅に下がります。

 

耐久性にもこだわって作られているため、太っている人でもそうそうへたることはなく、長く使い続けられるのもおすすめポイントの1つです。

 

90日間の返金対応が用意されているので、一度試してみて自分に合うかを判断できるのも良いですね。

 

シングル(幅97cm)

39,800円(税込)

セミダブル(幅120cm)

49,800円(税込)

ダブル(幅140cm)

59,800円(税込)

返金保証期間

90日間

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

まとめ

今回は太っている人、体重の重い人のマットレス選びのポイントや、おすすめ商品などを紹介しました。

 

最後に内容を振り返ってみましょう。

 

  • 体圧分散性に優れたマットレスで体への負担を減らす
  • 高反発マットレスで寝返りをサポート
  • 通気性の良いマットレスで一年中さらっと快適に

 

以上3つがポイントとして挙げられます。

 

「太っているから寝苦しいのは仕方がない」
「どのマットレスを使っても同じなのでは?」

 

といった人は、ぜひこの記事を参考にして、太っている人に合うマットレスを選び、これまでには無かった心地良い眠りを手に入れてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加