「反り腰」の原因と改善方法、おすすめのマットレスとは

女性に多く見られる「反り腰」は見た目が悪いだけでなく、腰痛の原因にもなるため改善していかなくてはなりません。

 

「反り腰って何が原因なの?」
「どうやって改善すれば良いの?」

 

と気になる人も多いでしょう。

 

そこで今回は反り腰の原因と改善方法、そして対策としておすすめのマットレスをランキング形式で紹介していきます。

 

この記事を読めば反り腰の悩みを解消し、美しい姿勢と体調の良さを手に入れられるのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

そもそも反り腰って何?

反り腰は名前のとおり腰が反っている状態のことを言います。

 

立ったときの姿勢でお腹が前に突き出ているなら反り腰と判断して良いでしょう。

 

反り腰は姿勢が悪いので、見た目が良くありませんし、便秘などトラブルの原因につながるという意見もあります。

 

また腰が反ることで腰痛を引き起こすケースも。

 

そのため反り腰が少しでも気になるようなら、今すぐにでも改善すべく動かなくてはなりません。

 

反り腰になる主な原因は4つ!対策方法をセットでチェックしよう!

反り腰を引き起こす原因として次の4つが挙げられます。

 

  1. 筋力の衰え
  2. 体型の変化
  3. ヒールの高い靴
  4. 寝姿勢の悪さ

 

それぞれ詳しい内容と、合わせて対処方法もみていきましょう。

 

筋力の衰えが反り腰を引き起こす。スクワットで改善しよう

加齢、運動不足などが原因で筋力が衰えると、骨盤の前傾が起こって反り腰につながってしまいます。

 

お腹周り、腰、太ももの筋肉や柔軟性が落ちると反り腰を引き起こしやすくなるので、筋トレで解消するのが効果的です。

 

おすすめなのはスクワット。

 

お尻を突き出し、ゆっくりとしゃがむのを1日5回、3セットを目安に繰り返すだけで大きく改善されます。

 

体型の変化で反り腰が起こるケースも多い

妊娠を機に反り腰になる女性が多いです。

 

お腹が重くなってくると、どうしても上半身を後ろに反らせることでバランスを取らなくてはならず、産後もそのクセが抜けずに反り腰が定着してしまう…という流れ。

 

妊娠中の反り腰はつきものなので仕方がありませんが、産後はスクワットで筋力アップを取りつつ、姿勢に意識を向けるようにしたいですね。

 

ヒールの高い靴が反り腰を引き起こす!?

仕事柄ヒールの高い靴を履かないといけない人も多いですが、これも反り腰の原因です。

 

つま先立ちの状態が続くため、上半身が前に出やすくなり、それをカバーするために反り腰になります。

 

プライベートではヒールの低い靴を履くなど対策を取るようにしましょう。

 

寝姿勢の悪さが慢性的な反り腰を生み出す!

寝姿勢が悪いと反り腰を引き起こす場合もあります。

 

特にうつぶせ寝が習慣化している人は注意。

 

慣れている人だと分かりにくいですが、うつぶせ寝に慣れていない人は、ちょっと横になっただけで腰に大きく負担がかかっているのを実感できるでしょう。

 

そして同時に腰痛を引き起こすのも体験できるはずです。

 

寝ている間、ずっとうつぶせ寝していれば、それだけ腰への負担がかかり続けるので腰痛になりやすいのも納得できるでしょう。

 

解消するにはうつぶせ寝をやめるのが一番です。

 

うつぶせ寝が習慣化している人は、体圧分散性に優れたマットレスを選び、寝心地の良い睡眠環境を作ることで改善できる可能性が高まります。

 

反り腰を改善するマットレス選びのコツ3選

反り腰に悩む人は次の3つのポイントを意識したマットレス選びを行いましょう。

 

  1. 体圧分散性の高いマットレス
  2. 適度な硬さで寝姿勢をキープしやすいマットレス
  3. 寝返りを打ちやすいマットレス

 

それぞれ詳細を説明していきます。

 

体圧分散性の高いマットレスを選んで負担を分散させる

体圧分散とは体にかかる負担を全体に分散する性能のことです。

 

反り腰の人は背中やお尻部分などに圧力がかかりやすい傾向にあり、寝ている間に痺れたり、痛くなったりしやすいので体圧分散性の高いマットレスでケアしてあげましょう。

 

もちろん腰の負担の軽減も期待できます。

 

関連記事:【体圧分散性に優れているマットレスの真実】なぜ重要なのかを徹底解説

 

寝姿勢をキープしやすい適度な硬さのマットレスを選ぶ

柔らかいマットレスは横になったとき気持ちよく感じられますが、体が沈み込みすぎることで腰に大きな負荷がかかることがあります。

 

これを避けるには適度な硬さのあるマットレスを選ぶこと。

 

ただしマットレスの硬さと体圧分散性は強い関係性があり、柔らかいものほど体圧分散性が高く、硬いものは体圧分散性が低い傾向にあります。

 

しかし最近は最新の素材を使うなどして、硬さと体圧分散性を両立させたマットレスが多く登場しているので、それらを選べば問題ありません。

 

寝返りの打ちやすいマットレスで疲労や血流をリセットする

睡眠中に20回以上寝返りを打つと言われていますが、マットレスが柔らかすぎるなどの理由で寝返りの回数が少ないケースもあります。

 

そうなると血流が阻害されたり、特定の部位に負担がかかり続けたり…といった事態を引き起こし、起きたときの体の痛みや疲労感が抜けないなどのトラブルの原因に。

 

高反発マットレスを選ぶことで、少ないエネルギーで寝返りが打てるのでおすすめです。

 

反り腰対策におすすめのマットレスランキングトップ7

上記したポイントを踏まえた上で、反り腰対策におすすめのマットレスをランキング形式で7つ紹介していきます。

 

反り腰や腰痛に悩んでいる人は商品選びにぜひ参考にしてくださいね。

 

第7位:スリープマジック14cm

睡眠の質を高めることをコンセプトに開発・販売されているマットレスです。

 

アスリート人気が高いのも本商品の魅力の1つ。

 

極厚タイプ14cmの厚みがあるので、うつぶせ寝、横向き寝でも理想的な体圧分散を実現します。

 

ウェーブ状構造に加工することで体にフィットし、寝心地の良さもバッチリなので、寝付きが悪い人も心地よく眠りにつくことができるでしょう。

 

高反発による寝返りサポートが優秀なので、反り腰が原因で腰痛に悩んでいる人にもおすすめできます。

 

3年間の安心保証がついてくるので、1度購入すれば長く愛用し続けられるのもgoodポイント!

 

シングル(幅97cm)

54,890円(税込)

セミダブル(幅120cm)

65,890円(税込)

ダブル(幅140cm)

76,890円(税込)

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第6位:エムリリー優反発シリーズ11cm

2層構造の次世代ウレタンフォームを採用した、反り腰に悩む人におすすめしたい高反発マットレスです。

 

上は優反発、下は高反発にすることで、包まれるような寝心地と寝返りサポートを両立しています。

 

反り腰の人は横向き寝やうつぶせ寝になりがちなので、硬すぎるマットレスだと寝苦しさが出てしまうこともありますが、エムリリーなら適度な柔らかさのおかげで、気持ちよく横になれるでしょう。

 

マンチェスターユナイテッドの公式スポンサーで、体が資本のアスリートからも支持されるマットレスなだけあり、疲れをしっかりと取りたい人はぜひ検討してみてください。

 

セミシングル(幅80cm)

30,778円(税込)

シングル(幅97cm)

32,978円(税込)

セミダブル(幅120cm)

40,678円(税込)

ダブル(幅140cm)

48,378円(税込)

保証期間

3年間

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第5位:モダンデコ

厚さ10cmのボリューム満点な高反発マットレスで、とても手頃な価格で購入できるのがポイントです。

 

肩・腰が適度に沈み込んで、自然な寝姿勢をキープしてくれる体圧分散性の高さから、反り腰に悩む人にピッタリ。

 

高反発マットレスならではの寝返りの打ちやすさも反り腰ケアに嬉しいですね。

 

「マットレスにあまりお金をかけられない!」という人は少ないないでしょうが、モダンデコくらいの値段なら、一般的なマットレスを購入するのとほとんど変わらないため手を出しやすいのではないでしょうか。

 

シングル(幅97cm)

4,999円(税込)

セミダブル(幅120cm)

6,899円(税込)

ダブル(幅140cm)

7,899円(税込)

保証期間

1年間

 

公式サイトへ

 

第4位:コアラマットレス

日本人の体型を徹底的に分析し、理想的な睡眠をもたらすために開発されたコアラマットレスは反り腰に悩む人におすすめの商品です。

 

1層目が柔らかく、2層目が高反発、しっかり硬い3層目で体を支える3層構造になっているので、寝心地の良さと体圧分散性、寝返りサポートのすべてを実現しています。

 

コアラマットレスは保証面がしっかりしているのもポイント。

 

10年間の品質保証、120日間のお試し期間がついているので、安心して購入できます。

 

値段は高いですが、品質と保証は間違い無いので、ある程度予算のある、反り腰に悩む人におすすめの商品です。

 

シングル(幅97cm)

72,000円(税込)

セミダブル(幅120cm)

82,000円(税込)

ダブル(幅140cm)

92,000円(税込)

クイーン(幅160cm)

102,000円(税込)

保証期間

10年間

お試し期間

120日間

 

公式サイトへ

 

第3位:雲のやすらぎプレミアム

厚さ17cmの極厚マットレスで高反発力なのにフワフワと包まれるような心地よい寝心地が特徴のマットレスです。

 

あらゆる寝姿勢でも体を包み込み、体圧分散性に優れたマットレスを目指した5層構造が特徴。

 

反り腰の人に多い、うつぶせ寝がクセになっている人も心地よい眠りを体験することができるでしょう。

 

横向き寝派の人も、肩や腰の負担を最小限に抑えてくれるので、朝起きたときの痛みが気になるなら試してみることをおすすめ。

 

100日間のお試し期間が用意されているので、じっくり試して購入or返品を判断できるのは雲のやすらぎプレミアムの嬉しい点です。

 

シングル(幅100cm)

39,800円(税込)

セミダブル(幅120cm)

49,800円(税込)

ダブル(幅140cm)

59,800円(税込)

返金保証期間

100日間(公式サイトから購入した場合のみ)

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第2位:エアウィーヴ スマートZ

ファイバー素材を使った次世代のマットレスで、テレビショッピングなどでも見かける機会の多いエアウィーヴ。

 

その三つ折りタイプがスマートZになります。

 

しっかりとした硬めの中材で、反発力がとても高いので寝姿勢をキープしやすいだけでなく、少しのエネルギーで簡単に寝返りを打つことが可能。

 

腰痛に悩む人にピッタリですね。

 

エアウィーヴは丸洗いOKの素材なので、汗や湿気、汚れ、ダニなどが気になったらすぐにシャワーで洗えて衛生的。

 

また三つ折りタイプならではの使いやすさがあるので、リビングでお昼寝するときなどの持ち運びも簡単です。

 

そこそこ良いお値段にはなりますが、3年間の品質保証(中材のみ)、30日間のお試し期間がセットになった、充実サポート体制で、1度購入すれば長く愛用できるのは嬉しいポイント。

 

寝心地や反り腰への影響を30日間しっかりと試した上で、使い続けるか返品するかを判断できるのは良心的と言えるでしょう。

 

シングル(幅100cm)

66,000円(税込)

セミダブル(幅120cm)

79,200円(税込)

ダブル(幅140cm)

92,400円(税込)

お試し期間

30日間

保証期間

3年間

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

第1位:モットン

腰痛対策のために開発された高反発力マットレスで、反り腰対策用としても優秀です。

 

3種類の硬さから自分の好みに合わせて選べるようになっているので、あまり硬すぎるマットレスはちょっと抵抗がある…という人にもおすすめ。

 

ソフト

140N

レギュラー

170N

ハード

280N

 

ソフトでもかなりしっかりとした硬さと支える力があるので、正しい寝姿勢をキープし続けることができ、高反発による寝返りサポートのおかげで寝起きのすっきり感が格別です。

 

モットンは90日間のお試し期間を用意しているので、実際に試した上で購入か返品かを選べるのもおすすめしたいポイントの1つになります。

 

すべてに納得したマットレスの購入を目指している人は、ぜひモットンを検討してみてくださいね。

 

シングル(幅97cm)

39,800円(税込)

セミダブル(幅120cm)

49,800円(税込)

ダブル(幅140cm)

59,800円(税込)

返金保証期間

90日間

 

レビュー詳細ページへ

公式サイトへ

 

まとめ

今回は反り腰の原因や改善方法、マットレスの選び方などを紹介しました。

 

もう一度ポイントを振り返ってみましょう。

 

  • 反り腰は筋力低下や高いヒールが原因で起こりやすい
  • スクワットで筋力アップを目指すと改善できる
  • 体圧分散性が良く、高反発なマットレスを選べば反り腰による睡眠の質の低下を防げる

 

以上3つが挙げられます。

 

「反り腰で腰痛がひどい」
「反り腰をケアしたいけれどどうすれば良いのか分からない」

 

といった人は、ぜひこの記事を参考にして、しっかりと対策をとった上で理想的なマットレスを選び、睡眠でのケアを目指してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加