基本はベッドや布団の上に高反発マットレスを敷くだけ!

画像

高反発マットレスを使うことで睡眠の質が向上します。

 

より快適な睡眠姿勢を保てるようになるため、疲れがとれやすく、スッキリとした目覚めが体験できるはずです。

 

トップアスリートが愛用している、高反発マットレスを使うようになってから悩みだった腰痛が改善された…といった報告が多数上がっています。

 

しかし、いまいち普及していないこともあって、正しい使い方が良く分からないという意見を耳にします。ということで今回は使い方について紹介していきます。

 

ベッドと組み合わせる場合

画像

まずは高反発マットレスとベッドを組み合わせるときのパターンから紹介していきたいと思います。

 

この場合、ベッドのマットレスの上に高反発マットレスを敷くのが正解です。その上に敷きパッドやシーツを敷けば完成!とても簡単ですね。

 

特に注意点はありませんが、ベッドの場合だと付属のマットレスが簡単に洗うことができません。基本的に敷きっぱなしにすることが多いと思います。

 

しかし高反発マットレスはそこまで重量があるわけではないので、できるだけこまめに天日干し、陰干し、洗濯してあげると良いと思います。

 

敷き布団と組み合わせる場合

画像

次は敷き布団と高反発マットレスを組み合わせる場合の使い方を紹介します。

 

敷き布団で寝ている場合、ほとんどの方は畳の上に布団を敷いていると思います。

 

この場合は、敷き布団の上に高反発マットレスを敷いて、その上に敷きパッド、シーツ…という順番が理想的です。

 

フローリングの上に敷き布団の場合も同じ順番で良いのですが、高反発マットレスを最初に敷いて、その上に敷き布団でもOKだとされています。

 

このあたりが「高反発マットレスの使い方が良く分からない」と言われる所以なのかなという気もします。

 

体圧分散を考えてみる

結局のところ、高反発マットレスを使う理由は「体圧分散の効率を高める」点にあります。

 

高反発マットレスの体圧分散効率をより高くするためにはできるだけ体に直接触れるようにして使うのが理想的です。

 

高反発マットレスは体が必要以上に沈み込むのを防ぎ、寝返りを打ちやすいようにサポートしてくれます。

 

なので、敷き布団だけでは十分な体圧分散が実感できない、厚みが足りない、と感じる場合は敷き布団の上に高反発マットレスを敷くのが正解になります。

 

クッション材として高反発マットレスを使用する

現状、敷き布団だけで快適な眠りが得られている人は、クッション材として高反発マットレスを利用するのもオススメです。

 

つまり、高反発マットレスの上に敷き布団を敷いていつものように寝るわけです。

 

人によっては「せっかくの高反発マットレスなのにもったいない」と思うかもしれませんが、フローリングの上に直接敷き布団よりもずっと快適な寝心地を体感できます。

 

ただ、高反発マットレスの上に敷き布団を合わせる場合、眠る時以外は敷き布団を乗せておかない方が良いです。

 

反発力が高く、元の形状に戻る力が強いのが高反発マットレスなのですが、布団の重みで常に重量がかかっている状態だとその機能が低下する可能性が高いからです。

まとめ

ということで今回は高反発マットレスの使い方を紹介してきました。

 

商品によって正しい使い方が取り扱い説明書に書かれているので、そちらを最優先させた方が良いのは間違いありません。

 

しかし基本は「体に一番近いところに使う」のが正解です。もちろん汚れや湿気対策として敷きパッドやシーツを使う分には全く問題ありません。

 

高反発マットレスの素材によっては保温性があまり高くないものもあるので、体が冷えやすい人は高反発マットレスの上に敷き布団をしたほうが良いこともあります。色々な組み合わせを試してみましょう。

 

>>高反発マットレスのお手入れ方法はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン

線

ラクーネ

「満足度91.6%の腰痛対策マットレス」
おすすめポイント1 点で支える1300個の凸凹構造
おすすめポイント2 長期間使用しても復元率が96%の耐久性
おすすめポイント3 90日間の返金保証制度があるから安心!
詳細ボタン
公式ボタン

線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン

線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
公式ボタン

線
スリープル

「腰痛持ちの方にも極上の寝心地」
おすすめポイント1 リバーシブルタイプだから一年中使用できる!
おすすめポイント2 厚さ17cm!優れた弾力性で睡眠時の負担軽減
おすすめポイント3 保湿性と通気性を両立
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン