; 腰痛から解放されるには睡眠は重要!睡眠の基本を理解する|高反発マットレスのススメ

睡眠の知識を身につけて健やかな生活を手にいれよう

画像

腰の負担を開放してくれる睡眠

人間は二本足歩行をするようになってから、肩こりと腰痛に悩まされるのはいわば運命的なものだったと言えるかもしれません。というのも二本足で生活をすれば、重たい頭を腰で支える形になります。つまり日常意識していない所で、私たちは腰に大きな負担を強いているのです。

 

睡眠は、この腰にかかる大きな負担を解消する重要な時間です。眠ることで私たちは体を横にして、腰から頭の重みの負担を開放できるためです。腰痛予防や対策をするためには、いかに睡眠をとることが大事かがお分かりになるでしょう。

 

腰の負担を開放するための寝返りは重要

私たちは眠っている間、無意識のうちに寝返りをしています。床に入った時と朝起きたときの位置や姿勢が大きく違っていることもあるでしょう。この寝返りですが、体の歪みを矯正するために欠かせない行為とされています。

 

もし眠っている何時間もの間、床に就いたときと同じ姿勢を続けているとまず血行が滞ります。たとえば仰向けで眠っている場合、背中側にずっと体重の圧力がかかります。そうなれば、背中の周辺の血管は常に圧迫されているような状況となって、どうしても血液の流れが悪くなります。

 

また寝返りを打たなければ、筋肉を眠っている間一切動かさないことになります。となると筋肉が緊張してしまいやすくなり、それが腰の部分で起きると腰痛になってしまいます。寝返りを寝ている間何度も打つことで、血管の圧迫を開放してやり、なおかつ筋肉を動かすことで筋肉のこわばりを解消できるわけです。

 

理想的な睡眠時間とは?

「しっかり眠ったはずなのに何か頭がすっきりしない」とか「あまり寝ていないけれどもしっかり頭が働いている」といった経験をしたことはありませんか?実は理想の睡眠時間は人によってかなりまちまちであると言われています。ショートスリーパーといって6時間未満の睡眠でも大丈夫という人もいれば、10時間以上睡眠しないと体の疲れの取れないロングスリーパーの方もいます。

 

自分にとってベストの睡眠時間を知りたいと思うのであれば、時間を少しずつずらして寝起きの良さを自分で比較することが大事です。ただし目安といわれているのは、6時間半から8時間の間・7時間前後とされています。

 

日本とアメリカで大規模調査が実施され、睡眠時間と死亡リスクの関係についてのデータがあります。その中で、日中に過度の眠気に襲われない、ある程度頭がクリアな状態は6時間半から8時間の間という結果が出ました。ですから特別他にやることがなければ、7時間前後は睡眠時間を確保できるようなスケジュールを組み立てることが大事なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠の基本と豆知識の記事一覧

自分にとって眠りやすい姿勢というものがありますよね。ですが、正しい寝方をしないと疲れが取れなかったり、不調に繋がってしまう可能性もあります。自分の睡眠時間を取っているのに疲れが取れないという方は寝方に問題があるのかもしれません。そこで、うつぶせ、あおむけ、横向きで寝た場合のそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介しましょう。正しい寝方について悩んでいるという方は参考にしてみてくださいね。うつぶ...

毎朝目覚ましをかけているのになかなかすっきり起きることができない、それなのにたまに目覚ましがなくても起きられるのはなぜ?と疑問に感じたことはないでしょうか。それはノンレム睡眠とレム睡眠というものが深く関わっています。人間は寝ている最中に浅い眠りであるレム睡眠と深い眠りであるノンレム睡眠を交互に繰り返しているのです。浅い眠りの時に目覚ましがなればすっきり目覚められるため、ノンレム睡眠とレム睡眠の特徴...

睡眠時間が足りていないということであればあくびが出たり、眠気がひどいというのは仕方がありません。ですが、なかには十分な睡眠時間が取れているにも関わらず、あくびが止まらなかったり、ひどい眠気に襲われてしまう方もいるようです。仕事中や勉強中に眠気に襲われてしまうと集中力にも欠け、悪影響がありますよね。そこで、あくびや眠気の原因と対処法についてご紹介します。あくびが出る原因は?あくびといえば眠い時に自然...

寝ぞうが悪い、寝言や歯ぎしりがうるさいと周りから指摘されたとしても自分ではなかなかわかりません。ですが、それを聞いている家族などに迷惑をかけてしまうこともあるため、対策を取っていきましょう。しっかり寝ているのになぜか疲れが取れないということであれば、寝ぞうや寝言、歯ぎしりが原因かもしれません。特に寝ぞうの問題はなかなか対策を取るのが難しいように思えるかもしれませんが、それぞれに効果的な対策がありま...

不眠症というのは珍しい病気ではありません。不眠症とまではいかなくても質の良い睡眠をとれていないと感じる方は3〜5人に1人の割合でいると言われているため、他人事ではありませんよね。不眠症と判断できるくらいの状態になると深刻な体の異変に繋がってしまう可能性もあります。日中に集中力が長続きしなくなったり、疲れが取れない、記憶力が低下するなど様々なトラブルがあるのです。ただ、不眠症という言葉は聞いたことが...

なかなか眠れない、寝てもすぐに目が覚める、朝早く起きてしまってそのまま眠れない…。これらは典型的な不眠症の症状です。不眠症に悩む人は大勢いて、治療方法も多様化してきました。種類は大きく分けて2種類になり、薬を使うか、使わないか…で選ばれることがほとんどです。もちろん単純な不眠症だけでなく、体の病気や心の病気が眠れない原因になっていることも多々あるので、そういったケースでは先に病気の治療が必要になる...

睡眠の悩みは性別を問いませんが、女性の睡眠障害は男性と違って女性ホルモンが深く関わっています。睡眠障害に悩まされている女性の方はホルモンの影響も疑ってみましょう。一般的な快眠対策をとってもなかなか状態が良くならないということであれば、女性ホルモンに関する対策を取ることで睡眠障害が良くなる可能性もあります。睡眠に関して悩みを抱えている女性の方は次のようなポイントに注目してみてください。女性の睡眠障害...

うつ病患者のおよそ9割もの人が睡眠障害に悩まされていると言われます。つまりほぼ全員が不眠症や過眠症といった「眠り」に関する悩みを抱えていることになるわけです。ただでさえうつ病になると気分の落ち込み、やる気が出ない、体が重たい…など辛い日々をおくっているにも関わらず、その上睡眠障害まで襲ってくるとなると本当に大変です。「せめて1日で良いからぐっすりと眠りたい」「食欲が無いことよりも眠れないことの方が...

人生の1/3〜1/4は寝て過ごすと言われているほど睡眠は私たちにとって大切なものです。言われるまでもなくそれは誰だって知っていること。なのに…「寝つきが悪くてなかなか眠れない。気づいたら布団に入ってから随分と経っていた」「夜中に何度も目が覚めて、しかも眠れずに結局朝まで起きていた」「目覚まし時計が鳴るよりもずっと早く起きてしまって昼から眠たくて仕方がない」といったことは1度は経験していると思います...

睡眠というのは肥満とも深く関わっています。よく「食べてすぐ寝ると太る」と言われますが、睡眠の質が悪いことが原因で肥満を招いてしまうこともあるのです。睡眠不足の方が太りやすくなるため、睡眠というものを軽く考えないようにしましょう。ダイエットをしているのになかなか痩せないという方は、睡眠に問題がないかチェックしてみてくださいね。睡眠時間は太る原因になる寝過ぎると太ると言われることがありますが、反対に睡...

理想的な睡眠といえば、布団に入ったらすぐに眠りに落ちて夜中に起きることなく朝までぐっすり眠り、目覚ましが鳴ったらすっきり起きられるということですよね。さらには朝起きた時にしっかり体の疲れが取れていることもポイントになります。ですが、寝つきが悪かったり、寝起きが悪くてなかなか起きられないということに悩んでいる方も多いようです。そこで、寝つきや寝起きが悪い、朝すっきり起きられない場合にはどのような対策...

毎日の晩酌が日課になっているという方も多いですよね。寝る前に飲むお酒は「寝酒」とも呼ばれ、多くの方が楽しんでいます。寝酒を飲むとぐっすり眠れる気がするという方もいますが、眠れないからといってお酒を飲むのはあまりおすすめできません。それに、実は寝酒が質の悪い睡眠を引き起こしている可能性もあるのです。寝酒を飲んでいるという方は、寝酒のメリットとデメリットをチェックしましょう。寝酒のメリットや効果寝酒と...

眠りについてしまえば気にならないのだから寝具の色は何でも良いのでは?と思いますよね。ですが、実は寝具の色は睡眠に影響を与えていることがわかったのです。色について特に気にしていない方は、自分の好きな色や柄の寝具を使っていることでしょう。しかし、寝具の色が睡眠に影響を与えるとなれば適当に寝具選びをするわけにもいきませんよね。具体的にどのような色が良いのか、避けておいた方が良いのはなに色なのかなどについ...

質の良い睡眠を取るためにも欠かせないのがまくらです。ですが、適当にまくらを選んでいるという方も多いでしょう。どのような重要性を持っているのか、自分に合っているまくらはどれなのかなどをご紹介するので、参考にしてみてください。これまでなかなかぐっすり眠ることができなかったものの、まくらを買い換えたところ安眠できるようになったという方もいます。それくらい睡眠にとってまくらは重要な役割を持っているのです。...

布団に入っているのに眠くならないということであれば、寝る前にしてはいけないことを実践しているのかもしれません。人間の体は布団に入ったからといってすぐに寝るモードに切り替わるわけではありません。いくつかのステップを踏んで徐々に睡眠に入りやすい状態に整っていくため、寝る前になにをするかというのは非常に大切なことです。知らず知らずのうちにやっていることもあるかもしれないので、チェックしてみてくださいね。...

寝る前や寝ているときに足が熱くなって眠れなくなってしまったことはありませんか。ちょっとくらいなら「まぁいいか」で済ませられますが、場合によっては「こんなのとてもじゃないけど寝られないよ!」というくらい熱くなることもありますよね。そこでここでは足が熱くて寝られない原因や対処方法について紹介していきます。足が熱く感じる原因と対策・改善方法足が熱く感じる原因にはいくつかのものがあります。中には意外なもの...

お腹の中に赤ちゃんがいる妊婦さんは毎日が戦いといっても過言ではないくらい大変です。ただ生活しているだけでも体が重たいですし、体調が変化しやすいのも大変。また生まれてくる子どもの将来のことや、周囲の人たちからのプレッシャーなどストレスを感じやすいのも問題です。しかし一方で、もうすぐ赤ちゃんに会える喜びもありますよね。そんな複雑な状況に置かれている妊婦さんですが、頭を悩ませることのひとつに「不眠症」が...

子どもの成長に欠かせないのが「食事、睡眠、運動」です。中でも睡眠の悩みを持つママさんはたくさんいらっしゃいます。食事や運動はある程度こちら側でコントロールできますが、睡眠に関しては子ども本人による部分も大きいので仕方がありません。しかし仕方がないから…で適当にほうっておくわけにもいかないのがママさんの辛いところ。今回は「子どもがお昼寝してくれない!」「夕方に寝ちゃって夜に寝てくれない!」というママ...

日本人のおよそ半数が経験したこのある「金縛り」。夜中に急に目が覚めて、嫌な気配を感じつつもまったく体が動かせない!恐怖以外の何者でもありませんよね。実はこの金縛り、医学的・科学的に解明されているもので、決して霊的なものが原因ではありません。医学的には「睡眠麻痺」と呼ばれています。とはいえ安心するのはまだ早い。少なくとも金縛りが起こる状態、ましてや慢性的に起こる状態だと極端に睡眠の質が悪かったり、場...

質の良い眠りを提供するのは寝具だけではありません。パジャマもまたとても重要な存在となっています。しかし最近ではジャージやスウェットをパジャマ代わりに来ている人も増えてきていますよね。もちろんそれでも悪くないのですが、より質の高い睡眠を目指すのならパジャマを選んだほうが良いかもしれません。そこで今回は快眠をサポートしてくれるパジャマの役割や、理想的な素材など幅広く紹介していきたいと思います。パジャマ...

寝つきを良くするためにお酒を飲む人や、寝る前にタバコを吸わないと落ち着かない人もたくさんいると思います。どちらもリラックス効果があるため、睡眠との相性は悪くないように感じられます。特にお酒は飲むと眠たくなるため睡眠導入剤的な役割を果たしてくれそうな物です。しかし、お酒もタバコも良質な睡眠を妨げるものだと言われています。今回はそれについて紹介していきましょう。睡眠とお酒の関係お酒を飲まないとなかなか...

寝入りが悪くてなかなか寝付けなかったり、仕事中に眠たくて仕方がなかったり…。ストレスを感じると仕事が嫌になったり、ちょっとしたことで周りの人にイライラしてしまったりとネガティブな結果を生み出してしまいます。しかし一点して気持ちよく眠ることができれば、1日中絶好調!ということも。それだけ眠りは私たちにとってとても重要なものです。そこで「質の良い睡眠」のために、就寝時に音楽を聴いている人もいるかもしれ...

結婚してこれから幸せな家庭を築いていって…と明るい未来を思い描いていたのに、いざパートナーと一緒に寝るようになってから全然眠れなくった、という人は思っている以上にたくさんいます。女性に多いイメージがありますが、男性にも結構多く見られるのも最近の傾向と言えるかもしれません。いびきや歯ぎしり、寝言が理由の大半どこでも寝られる人もいれば、静かで落ち着いた環境でないと眠れない人もいます。今までは一人で寝て...

快適な部屋作りを目指して!と色々と部屋のレイアウトをいじくり回してみたけれど…何だかしっくり来ない。それはもしかすると部屋のレイアウトの三原則を守れていないからかもしれません。ベッドの配置、その他の家具のレイアウトなど色々と複雑に感じられるかもしれませんが、実は3つのポイントを押さえるだけで快適空間が簡単に作れるんです。これだけは絶対!部屋のレイアウト三原則それでは実際にどのような部屋のレイアウト...

私たちの身近な存在のひとつである「風水」。例えば黄色のものは金運アップさせてくれる…などメジャーなものもたくさんあります。実は寝る方向によって風水的な意味合いが変わってくることをご存知でしょうか。何も知らずに適当に選ぶよりも、ある程度理解した上で取り入れてみると面白いかもしれません。そこで今回は風水の観点から見た寝る方向について紹介したいと思います。東枕太陽は東から昇ってきます。そのため、東に枕を...

布団に入ってもなかなか眠れない、夜に何度も目覚めてしまうという方は、アロマを取り入れてみましょう。アロマといえば女性が楽しむものというイメージがあるかもしれませんが、男性にもおすすめの方法です。質の良い睡眠を取るためにも役立ってくれるのですが、アロマであれば何でも良いというわけではありません。そこで、睡眠の質を高めるためにぜひ取り入れたいアロマについてご紹介します。アロマがもたらす睡眠の効果とは?...

夏の睡眠事情と言えば「いかに涼しい状態で眠るか」になってきます。暑い中無理矢理寝ていると熱中症になるリスクも。また日中に失ってしまった体力を回復させるためにも夜の睡眠はとても大切なものになってきます。しかし一晩中エアコンや扇風機をつけっ放しにしたまま寝ていると、妙にだるく感じたり、全然疲れが取れていなかったり、人によっては寒くて目が覚めてしまうこともあるかもしれません。そこで今回は睡眠の質を高めて...

1.どれだけ寝ても全然寝た気にならない。2.たっぷりと睡眠時間を取ったのに日中猛烈に眠たくなってしまう。3.1日10時間から12時間以上の睡眠時間をとらないと寝た気にならない。こういった症状が当てはまる人は過眠症の可能性があります。不眠症と比べるとあまり認知度は高くありませんが、過眠症に悩まされている人は決して少なくありません。「寝るのが好きなんだね」くらいに思われるならまだマシな方で「どれだけ怠...

いつもは目覚まし時計でちゃんと起きられるのに、大事な日に限って二度寝してしまう、寝過ごしてしまう…誰もが一度は経験したことがあると思います。「なんで目覚まし時計をちゃんとセットしたのにダメだったんだ!?」と不思議に思うかもしれませんが、実はこれにはきちんとした理由があるんです。そして理由がある以上、対策方法も存在しています。対策方法を取り入れたにもかかわらずなかなか目覚まし時計で起きられない…とい...

眠いと食事には非常に深い関係があります。質の良い睡眠が取れていないと感じているのであれば、食事の内容や食事の取り方を見直してみましょう。また、食べると脳が覚醒して不眠に繋がるものや、その逆に安眠に繋がるものもあります。なかなか眠れない、眠ってもすぐに起きてしまうという方は知らず知らずのうちに脳を覚醒させる食材を取り入れているのかもしれません。そこで、睡眠と食事の関係についてご紹介しましょう。不眠に...

自分は毎日6時間くらい寝れば十分だけれど、友達は8時間くらい寝ないと寝た気にならない!という風に人によって最適な睡眠時間は異なります。これは経験則的にも何となく理解できますよね。では年齢や性別によって最適な睡眠時間は異なるのでしょうか。厚生労働省健康局が推奨する世代別最適な睡眠時間を参考にしてみようここで参考にしたいものが厚生労働省健康局が発表している「健康づくりのための睡眠指針」です。これは様々...

たくさん運動して疲れた日の夜は布団に入るとすぐに深い眠りにつくという方も多いはず。ここからもわかるように、運動は眠りと深い関係を持っています。というのも、人間は寝ている最中に疲労を回復するため、運動して体が適度に疲れた状態になると眠りに落ちやすくなるからです。反対に、全く運動をしないと体が疲労を感じにくく、睡眠の質も悪くなってしまいます。ただ、がむしゃらにたくさん運動をすれば質の良い睡眠が取れると...

受験は人生で最初に迎える大きな試練と言えるかもしれません。特に学歴社会が色濃い日本では良い大学に入り、良い企業に就職することが夢であり、周囲の人たちもまたそれを強く推奨する文化がいまだに続いています。そのためには志望校に合格する必要があるのですが、受験生は限られた時間の中でやりくりしていかなくてはなりません。日中は学校、学校が終わったら学習塾、そのあと自宅に帰って受験勉強…。まさに一日中勉強してい...

楽しい夢は大歓迎ですが、時には起きた後も引きずるくらいの悪夢を見ることがあります。その内容は人それぞれですが、とにかく気持ちの良いものではありません。人によっては「悪夢を見るのが怖いから眠れない」ということも。そこで今回は悪夢を見ないために今日から実践したい7つのポイントを紹介していきます。まずは悪夢の原因をチェックそもそもどうして悪夢を見るのでしょうか。楽しい夢でも、悪夢でも、どちらもレム睡眠時...

時差ボケの状態になると質の良い睡眠が取れなくなります。眠りに入ったのにすぐに目が覚めてしまったり、浅い眠りしか取れないケースもあるため、時差ボケ解消法をチェックしてみましょう。特に海外に行くことが多い方は時差ボケ解消法についてしておくと快適に過ごすことができます。「時差ボケ解消法」というととても軽い響きではありますが、正式には「時差障害」とも呼ばれ、体の機能に影響を与えてしまうため、早めに解消する...

日本人の5人に1人は睡眠の悩みを抱えていると言われる昨今。眠れない原因はストレスを始め、アルコール、薬、環境など様々なものが挙げられます。そこで質の高い睡眠を得るために様々な工夫が取り入れられていますが、その中にひとつ加えて欲しいのが深部体温です。子育て経験のある人ならご存知だと思いますが、赤ちゃんや小さな子どもは眠たくなると手足がポカポカと温かくなります。一方で、特に女性に多く見られる手足が冷た...

睡眠時無呼吸症候群とは睡眠時に呼吸が止まる症状のことです。一般人口の1%以上に見られ、特に中年以降の30歳〜60歳の間に多く見られる傾向にあります。30歳〜60歳の男性に4%、女性に2%前後の人が睡眠時無呼吸症候群に陥っていると言われています。睡眠時無呼吸症候群の特徴睡眠中に何度も呼吸が止まるのが特徴です。診断基準は1時間当たり5回以上の無呼吸、あるいは低呼吸(正常呼吸の2分の1以下)が見られると...

日中しっかり活動したのに布団に入っても全く眠くならない、布団に入ってからん眠りにつくまでに30分以上かかってしまうということであれば、もしかしたらブルーライトが関係しているのかもしれません。ブルーライトが関係した不眠は近年急速に増えてきています。それだけでなく、照明なども不眠と深く関係しているため、照明と睡眠の関係についてご紹介しましょう。これを改善するだけで快適な睡眠が取れるようになったという方...

気持ちよく愚生眠っていたのに突然足に激しい痛みを感じて飛び起きた経験はないでしょうか。運動している時に足がつるというのは体を動かしているために理解できますが、なぜ睡眠時に足がつってしまうのでしょうか。寝ている時に足がつると突然の激痛に驚いてしまい、パニックにもなってしまいますよね。それに、一度でも足がつるのを経験してしまうと「もしかしたら今日も足がつるかもしれない…」と不安に感じ、睡眠にも悪影響を...

私たち日本人は世界でも類を見ないお風呂好きな国民性を持っています。ほとんどの人は夜に入浴しますよね。「お風呂に入ってリフレッシュして、あとは気持ちよく寝るだけ」は定番です。そしてこれは昔からずっと言われ続けていることであり、いまなお続く習慣。古来よりお風呂に入るとよく眠れるのは知られています。経験則的にも入浴が睡眠と深い関係を持っていることが当然の文化として根付いた感があります。しかし実際のところ...

質の良い睡眠を取るためには、睡眠環境に注目することが大切です。特に寝具が眠りに与える影響というのは非常に大きいため、掛け布団やまくらにも注目してみましょう。人は睡眠の中で疲れやストレスを解消しているため、健康的に元気に生活していくためにも質の良い睡眠が欠かせません。十分に寝ているのに疲れが取れない、すぐに目が覚めてしまい睡眠時間が短いという方は睡眠環境の見直しが必要です。睡眠環境をよくするための掛...

生活のスタイルが朝型の方もいれば夜型の方もいます。この違いはどこにあるのでしょうか。普段の生活スケジュールを変えればどちらにでもなれるのでは?と思うかもしれませんが、実は生まれつき持っている遺伝子が大きく関係している可能性があることがわかったのです。朝型か・夜型かという問題は睡眠の質とも深く関係しています。毎日の睡眠の質が悪くて悩んでいる、何とかして質を向上させたいと思っている方も朝型・夜型と遺伝...

寝ている最中や起きた時に肩が痛いと感じる方は何が原因で痛みを感じているのか探ってみましょう。痛みがそれほど強くないからと放置している方もいるかもしれませんが、徐々に体への負担が蓄積し、体を壊してしまう可能性もあります。私たちは体力を回復するために睡眠を取っているわけですが、寝ている最中や起きた時に肩が痛い場合は十分に体が回復できていません。知らず知らずのうちに疲れを溜め込んでしまうこともあるので十...

寝たばかりなのにトイレに起きてしまった…というような状況になるとその後眠りに付けなくなることもあり、睡眠の質の悪化にもつながります。一晩に1回程度であれば特に問題はないかもしれませんが、何度も目覚めるようになると大変です。また、一度目覚めると眠りに付けない場合にはトイレに起きるのが1回だけだったとしても健康上のトラブルに発展することも考えられます。このような状況を夜間頻尿と呼ぶのですが、夜間頻尿は...

高齢になると寝ている最中にうまく体を動かせなくなり、寝返りも打ちにくくなります。そのような状態になると床ずれのリスクも高まりますよね。実際に床ずれが発生してから悩んでいる方もいますが、なぜ床ずれが起きるのか、予防するにはどうしたら良いのかについてチェックし、対策を取ってみましょう。高齢者に発生しやすい床ずれとは?床ずれは正式には褥瘡(じょくそう)と呼ばれる症状です。大きな原因は寝ている最中に姿勢を...

健康的な肌は適度な湿度を保った状態で潤いがあります。しかし、肌が乾燥した状態になるとバリア機能が低下し、様々な肌トラブルの原因にもなるのです。夜布団に入って眠ろうとしたものの、乾燥肌が痒くて眠れない…ということであればすぐに対策を取ってみてくださいね。ここではなぜ乾燥肌になるのか、効率よく乾燥肌を改善させるためにはどうしたら良いのかなどについてご紹介します。乾燥肌の原因は?本来肌にはターンオーバー...

睡眠に関して抱える悩みは人それぞれではありますが、よだれに関する悩みを抱えている方も多いようです。例えば、朝起きた時に枕がよだれで湿っている、寝ている最中によだれに気づいて目が覚めてしまう…といった経験はないでしょうか。寝具が汚れるだけの問題であれば良いのですが、実はよだれがたくさん出るのは睡眠の質が悪化していたり、十分に体が休めていないサインの可能性もあるのです。なぜ睡眠中によだれが出る?起きて...

真夏の熱帯夜、じめじめしたり、むしむししたり、暑すぎて目が覚めるなんてことも少なくないのではないでしょうか。エアコンがついているお部屋は夜のあいだ中つけられれば快適に過ごせますが、エアコンがない部屋にお住まいの方や、エアコンの風は体が冷えてしまい苦手な方、エアコンをつけて寝ると喉を傷めてしまう方など、さまざまな理由でエアコンなしに蒸し暑い夜を過ごさねばならない場合もありますよね。寝苦しさで睡眠不足...

逆流性食道炎のつらい影響のひとつに、夜ぐっすり眠れなくなるというものがあります。胸やけがしてしっかり睡眠をとれない…。なんて方は多いのではないでしょうか?病気の原因が胃液の逆流のため、体勢が無意識に変わってしまう睡眠中はどうしても症状がでやすくなってしまいます。胸やけがひどくなんども起きてしまい、寝るのが怖くなってしまうこともあるかもしれません。そんなつらい症状ですが、実は寝方で改善できるんです!...

朝目覚めたとき、なんだか肘が痛い、しびれる…という経験をしたことはありませんか?ドアや机にぶつけてしまったり、激しく運動したりした訳ではないのに、起きた時の肘の痛みに苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。心当たりがなく、原因がわからない痛みは不安になってしまいますよね。痛みが続く場合にはなおさらです。肘の打撲や打ち身などの表面部ではなく、肘内部が痛む場合は、痛む場所や痛み方によってある程度の原...

特に冷え込む冬の朝…。布団からでるのはとてもつらいですよね。普段はあまり寝坊しないという人でも、冬になると朝が苦手になってしまう、ということもあるのではないでしょうか。睡眠時間が長すぎたり短すぎたりすると目覚めが悪くなってしまいますが、冬の朝は冷え込むというだけでなかなか目が覚めなくなります。貧血や低血圧の方はより体温が下がり、余計に寒く感じてしまうでしょう。寒いし眠いからといっていつまでも寝てい...

季節が変わり寒くなってくると気になってしまうのが足の冷え。最近では夏でも足先だけ冷える…なんていう人も。夜寝ようと思って布団に入っても、足先が冷えているとなかなか眠りにつけなかったりしますよね。眠れたとしても夜が更けこむと足が冷えて起きてしまう…なんてことも。特に女性は男性との体の構造の差からか手足の冷えを感じやすいようです。睡眠は美容にも健康にも重要な役割を果たしています。スッキリとした目覚めで...

一日の英気を養うために重要な睡眠、できれば快適な時間を過ごしたいですよね。結婚したら同じ寝室、一緒のベッドというイメージ多いですが、同じベッドで寝ると安眠できないという人は意外と多いです。夫婦といえども元々は他人…同じベッドで寝ていると、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまい、睡眠不足になってしまう可能性があります。近頃は夫婦でも別のベッド、別の寝室で寝る、という夫婦が増えています。固定概念...


ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン

線

ラクーネ

「満足度91.6%の腰痛対策マットレス」
おすすめポイント1 点で支える1300個の凸凹構造
おすすめポイント2 長期間使用しても復元率が96%の耐久性
おすすめポイント3 90日間の返金保証制度があるから安心!
詳細ボタン
公式ボタン

線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン

線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
公式ボタン

線
スリープル

「腰痛持ちの方にも極上の寝心地」
おすすめポイント1 リバーシブルタイプだから一年中使用できる!
おすすめポイント2 厚さ17cm!優れた弾力性で睡眠時の負担軽減
おすすめポイント3 保湿性と通気性を両立
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン