女性にとくに多いと言われる「反り腰」の原因と、改善方法についてお話しします。

「正しくない姿勢が、腰痛の原因になる…」
という知識はもはや常識です。

 

腰痛改善を目指して日頃から“背すじを伸ばすこと”を意識している方も少なくはないでしょう。

 

悪い姿勢、と聞いてイメージされがちなものに“猫背”があります。前かがみの姿勢は腰への負担を助長させるどころか、見た目にも美しくありません。ピッと伸びた背筋には誰しもがポジティブな印象を持つでしょう。

 

ところが、背すじを伸ばしすぎて陥る“反り腰”も決して良い姿勢だとは言えない様子。猫背同様に腰痛を招く習慣の一つだと言われています。

 

ここでは、腰痛の原因として女性に多い“反り腰”について、その症状や原因、改善策を紹介します。腰痛改善のヒントにお役立てください。

 

腰痛、ぽっこりウエスト、ヒップの巨大化の原因…反り腰とは?

反り腰とは、その名の通り「腰が反りすぎた姿勢」を指す言葉です。

 

背筋はまっすぐの状態が望ましく、猫背の様な前かがみ姿勢や、逆に後ろに反りすぎた状態は身体に様々なデメリットをもたらします。反り腰になっている時、背すじを支える腰の骨には歪みが生じてしまいます。反り返った歪みは腰へのダメージになり、腰痛を招く原因になるのです。

 

さらに、反り腰によって生じた歪みは腰付近の血行不良やリンパの滞りを引き起こします。巡りが悪くなることによって、ヒップや下半身のポッチャリ化につながることも…!加えて、骨盤の上に支えられている内臓が下方向へ流れ、ウエストサイズまで大きくしてしまいます。

 

「もしや私も!?」反り腰のチェックポイント

じつは「正しい姿勢を…」と意識するあまり、反り腰に陥ってしまうケースはとても多いです。「キレイな姿勢を心がけているのに、一向に腰痛が治る気配がない…」とお悩みなのであれば、ぜひご自身の反り腰を疑ってみてはいかがでしょうか?

 

反り腰か否かを判断する手段はとっても簡単!さっそくチェックしてみてください。

 

壁に背中をつけて立つ!


肩の骨と、お尻が壁にピッタリ着く様に立ちましょう。かかとを壁につける必要はありません。足は、壁から少しだけ離れた場所で結構です。

 

腰に開いたスキ間の広さをチェック!


この時、腰と壁の間には少しだけスキ間が開くはず。この隙間に手のひらを入れて、どのくらいの広さがあるかをチェックしてください。広ければ広いほど反り腰である可能性は高くなります。

 

「手のひらどころか、ゲンコツも入った…!」という方はもちろん、手のひらが背中や壁に当たる事なく、すんなり入ってしまった場合でも要注意!反り腰になっていると言えるでしょう。

 

反り腰の原因について

反り腰の原因には、以下の通りです。

 

  • 運動不足・筋肉不足
  • パソコンやスマホなどの長時間操作
  • オフィスワークなどで座りっぱなしの状態が長い
  • ヒールの高い靴を頻繁に着用している
  • 歩く時、足が高く上がっていない

 

以上の原因から、反り腰はとくに女性に多く見られる姿勢です。思い当たる節がある方も多いのではないでしょうか?

 

上記の習慣が引き起こすのは、ズバリ“筋力の低下”です。私たちが直立したポーズをとる時、その姿勢を保つために様々な筋肉が働いています。反り腰の原因となる習慣は、正しい姿勢をキープさせるための筋肉が衰えてしまう習慣だと言い換える事ができるでしょう。

 

腹筋やお尻の筋肉、背筋などが失われる事で生じた歪みを、姿勢で支えようとした結果が反り腰なのです。

 

今日から始めよう!反り腰の改善策

反り腰の改善には、ストレッチや体操など様々な方法が存在しています。しかし、その中でもとくに重要なのは、本来正しい姿勢をキープさせているはずの筋肉をトレーニングする事だと言えるでしょう。

 

日常生活で使われなくなった筋肉が落ちてしまい、そこを姿勢でカバーしようと起こったトラブルです。それぞれの筋肉を強化させ、正しい姿勢をとるために必要なバランスを取り戻しましょう。

 

腹筋のトイレーニング

仰向けのポーズで横になり、膝を立てます。お腹の中に空気を吸いこむ→30秒ほど息を止める→おヘソの下を意識しながら息を吐き、できるだけお腹を凹ませる…。という一連の動きを、10回繰り返しましょう。

 

10回を1セット、1日3セットを目安に続けてください。

 

ヒップのトレーニング

仰向けのポーズで横になり、膝を45度曲げて立てます。腕は、手のひらが床に面した状態で体の横に伸ばしましょう。お尻?腰を持ち上げて、体のラインと太もものラインが直線になった状態で1秒キープし、今度はゆっくりとお尻?腰を下げていきます。

 

お尻?腰をあげる→下げる、の一連を10回繰り返して1セットとし、1日3セットを目安に続けてください。

 

背筋のトレーニング

うつ伏せの状態で横になり、手を頭の後ろに組みます。その状態から、上半身を上方向へ持ち上げて、限界のところで10秒キープさせましょう。

 

トレーニングの効果は、すぐに現れるものではありません。毎日少しづつの努力で、正しい姿勢よ腰痛の改善を目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン

線

ラクーネ

「満足度91.6%の腰痛対策マットレス」
おすすめポイント1 点で支える1300個の凸凹構造
おすすめポイント2 長期間使用しても復元率が96%の耐久性
おすすめポイント3 90日間の返金保証制度があるから安心!
詳細ボタン
公式ボタン

線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン

線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
公式ボタン

線
スリープル

「腰痛持ちの方にも極上の寝心地」
おすすめポイント1 リバーシブルタイプだから一年中使用できる!
おすすめポイント2 厚さ17cm!優れた弾力性で睡眠時の負担軽減
おすすめポイント3 保湿性と通気性を両立
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン