後悔のない高反発マットレスの選び方は5つのポイントを踏まえておけば大丈夫!

高反発マットレスは睡眠の質を高めたり、腰痛や肩こりの改善に効果が期待できる、今一番注目を集める寝具です。もちろん使ったその日に効果を実感できる人もいれば、1週間くらい使い続けて体がなじむようになってから効果を実感できる人もいます。

 

しかし、高反発マットレスを使い続けてもなかなか効果を実感できない、睡眠の質が高まったように感じられない人もいます。これはもしかすると高反発マットレスの選び方を間違っているからかもしれません。決して安い買い物ではないだけに、このあたりは慎重になる必要があります。

 

ということで今回は高反発マットレスを購入する前にチェックしておきたい、5つの選び方のポイントを紹介していきます。

 

反発力をチェック

高反発マットレスの最大の特徴はなんと言っても「反発力」になります。復元率が高いため理想的な睡眠姿勢を維持し続けられるようになっている、というわけですね。

 

実は商品によって反発力に随分と違いがあります。そしてそれぞれの商品で必ずどれくらいの反発力があるか数値で表記されています。カタログなどを見てみると「ニュートン」「N」といった記載が見られるはずです。これが反発力のこと。数値が高いほど高反発になります。

 

100ニュートンくらいのものだと、あまり高反発マットレスという感じはしないかもしれません。しかし200ニュートン辺りになってくるとほとんど沈み込む感覚がなくなり、畳の上で寝ているのとあまり変わらないよな状態になります。

 

では何を基準に考えるべきなのか、というと自分自身の体重を元に、高反発マットレスの反発力を選ぶのが正解です。

 

例えば痩せている人の場合、反発力はそこまで高くなくても大丈夫です。逆に、太っている人の場合は反発力が高くないとあまり効果を実感できないでしょう。

 

一般的な体重である50kgから80kgほどの人なら150ニュートン前後がちょうど良いと言われています。実際に試してみるのが1番よいのですが、スペックから商品の比較などをする時はニュートンをチェックしてみましょう。

 

分割タイプは避けた方が無難

ほとんどの高反発マットレスは1枚タイプになっていますが、一部の商品は分割タイプになっています。例えば3つ折にできるマットレスがこれにあたります。

 

できれば分割タイプの高反発マットレスは避けた方が無難です。というのが、どうしても切れ目の部分の反発力に差がでてしまいがちで、そこに体重が集中してしまったり、体圧の分散が上手くできない可能性があるからです。もちろん全ての商品に当てはまるとは限りませんが…。

 

素材の特徴を確認する

高反発マットレスに使われている素材はひとつではありません。そしてそれぞれの素材によって特徴があります。例えば通気性や耐久性、保温性などですね。

 

高反発マットレスで使われているメジャーな素材は「ウレタンフォーム」「ブレスエアー」になります。それぞれの大まかな特徴は以下の通りです。

 

ウレタンフォーム

マニフレックス、ドルメオ、雲のやすらぎ、セルプール、モットンといった高反発マットレスに使用されています。

 

最大の特徴は優れた耐久性です。また、保温性に優れているので体が冷えやすい人にピッタリですね。しかし一方で、高反発マットレスの中では通気性があまり良くありません。

 

ブレスエアー

エアウィーヴ、エアリー、トゥルースリーパーといった高反発マットレスに使用されています。非常に優れた通気性を持っており、寝汗を気にせずに快適な眠りに繋げやすいです。特に夏場に効果を実感できると思います。ただ一方で、耐久性はウレタンフォームよりも若干劣り、保温性が低いので冬場や体が冷えやすい人には適していません。

 

大まかな特徴は以上になりますが、商品によっては「ウレタンフォームなのに通気性がとても良い」「ブレスエアーだけど保温性に優れる」と言ったものもあります。

 

メンテナンス性

高反発マットレスは長く使い続けたいですよね。毎日お世話になるものですし。

 

メンテナンス性のポイントとしては…

 

・敷きパッドが使えるか(ほとんど気にしなくて大丈夫です)
・自宅で洗えるか
・持ち運びしやすいか(ブレスエアーの方が軽い)

 

といった部分をチェックしてみましょう。また、シングル、ダブル、セミダブルといったサイズも確認しましょう!

 

お試し期間や返品期間

高反発マットレスは決して安くないですし、使ってみないと分からない部分が多いです。なので「お試し期間」「返品期間」が設けられているものを選びましょう。

 

例えば「モットン」は90日間の返金保証と3ヶ月間のお試し期間が設けられています。これだけの期間試すことができれば自分に合っているものかそうでないのかを判断できますよね。

モットン

画像

 

\90日間の返金保証「モットン」について詳しく/

 

まとめ

ということで今回は高反発マットレスの選び方について紹介しました。まとめると以下の通りです。

 

  • 反発力の数値
  • 分割タイプは避ける
  • 素材の特徴を知る
  • メンテナンス性を考える
  • お試し期間、返品期間の確認

 

毎日の快適な睡眠を目指すためにも、後悔のない高反発マットレスを選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン


線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン


線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
エアツリー公式ボタン

線

エアキューブ

「血行を妨げない!点で支えるマットレス」
おすすめポイント1 1830個以上の独自のキューブカット構造
おすすめポイント2 ダニやホコリがつきにくいウレタンフォームで安心!
おすすめポイント3 5cm、10cmの2タイプから選べる!
エアキューブ詳細ボタン
エアキューブ公式ボタン

線
エムリリー優反発マットレス

「次世代のウレタンフォームを使用したマットレス」
おすすめポイント1 特殊な2層構造により、高い反発力と低反発のような柔らかさを実現!
おすすめポイント2 3種類の厚みから選べるラインナップ♪
おすすめポイント3 送料無料の3年保証!
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン