女性ホルモンの影響もが睡眠障害に繋がることも。対策をご紹介します。

睡眠の悩みは性別を問いませんが、女性の睡眠障害は男性と違って女性ホルモンが深く関わっています。睡眠障害に悩まされている女性の方はホルモンの影響も疑ってみましょう。

 

一般的な快眠対策をとってもなかなか状態が良くならないということであれば、女性ホルモンに関する対策を取ることで睡眠障害が良くなる可能性もあります。

 

睡眠に関して悩みを抱えている女性の方は次のようなポイントに注目してみてください。

 

女性の睡眠障害と女性ホルモンの影響

妊娠をすると体内でホルモンのバランスに大きな変化があります。それだけでなく、毎月の月経もホルモンバランスを変化させるため、女性にとってホルモンバランスの変化というのは避けられない問題だといえるでしょう。

 

若い時だけでなく、閉経を迎えればそのタイミングでまたホルモンバランスが大きく変わりますよね。

 

なぜ女性ホルモンの変化が睡眠障害と関わっているのかというと、それぞれのタイミングによって理由が異なります。

 

月経前の睡眠障害

まず、月経前に妙に眠いと感じる方も多いはず。これは排卵から月経直前の時期にたくさん分泌されるプロゲステロンという黄体ホルモンに睡眠の質を悪化させる働きがあるからです。

 

十分な睡眠時間を取っても睡眠が浅く、疲れが取れない方もいます。ただ、この時期は短く、月経が始まれば長くても2〜3日で状態が改善するため、日中に仮眠を取るなどして対策を取っていきましょう。

 

妊娠中・出産後の睡眠障害

妊娠中は日中に眠くなりやすいという特徴を持っています。また、赤ちゃんが大きくなってくると腰痛がひどくなったり、胎動が起きることからぐっすり寝ていても目を覚ましてしまうことがあるのです。睡眠障害があるとストレスにも繋がってしまうため、無理をすることなくリラックスして過ごせるように心がけましょう。

 

無事に出産が済んだ後も育児のストレスや疲れが原因で睡眠障害に繋がってしまうこともあります。旦那さんの助けを受けながら乗り越えましょう。

 

更年期の睡眠障害

閉経を迎えると卵胞ホルモンであるエストロゲンが分泌されなくなります。この時期になると更年期障害が現れることもありますが、そのうちのひとつとして入眠障害や中途覚醒が起きることも多いのです。

 

閉経によるホルモンバランスの乱れを防ぐことは難しいため、仮眠を取るなどして対策を取っていきましょう。症状がひどい場合には更年期症状を抑えるためのホルモン補充療法などを受けるのも効果的です。

まとめ

女性の睡眠障害を改善するポイント

睡眠障害の多くは、ストレスによって引き起こされているのですが、女性の場合はホルモンバランスの影響によるものが重いため、対策が取りにくいというのが現実です。

 

寝具を自分にとって最適なものに整えたり、朝に太陽の光を浴びて体内時計を調整するということも効果的なので、いろいろ試してみましょう。

 

あまりにも睡眠障害が重くなると日常生活に支障をきたしてしまうこともあるため、どうしても自分だけで対策が取れないと感じているのであれば医師に相談するのもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン


線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン


線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
エアツリー公式ボタン

線

エアキューブ

「血行を妨げない!点で支えるマットレス」
おすすめポイント1 1830個以上の独自のキューブカット構造
おすすめポイント2 ダニやホコリがつきにくいウレタンフォームで安心!
おすすめポイント3 5cm、10cmの2タイプから選べる!
エアキューブ詳細ボタン
エアキューブ公式ボタン

線
エムリリー優反発マットレス

「次世代のウレタンフォームを使用したマットレス」
おすすめポイント1 特殊な2層構造により、高い反発力と低反発のような柔らかさを実現!
おすすめポイント2 3種類の厚みから選べるラインナップ♪
おすすめポイント3 送料無料の3年保証!
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン

関連ページ

正しい寝方
ノンレム睡眠・レム睡眠とは?
寝てるのにあくびがたくさん出る、なぜ?
寝ぞう・寝言・歯ぎしりの原因と対処法
不眠症の原因と対処法
不眠症の治療方法
うつ病と睡眠の関係はとても深いもの
寝た気にならないのは睡眠障害が原因!?
睡眠時間や質に問題があると太る?
寝付き・寝起きが悪い、起きられない原因
寝酒は危険!
寝具の色が睡眠の質を左右する
眠れない原因はまくらにあるかも?
寝る前してはいけない?睡眠に悪影響を与える行動
足が熱くて寝られない原因とは
妊婦さんの不眠症対策
子供の昼寝を上手に取らせるためのポイント
金縛りが怖くて眠れない!原因と対処法
パジャマの素材で睡眠の質が変わる
お酒やタバコが良質な睡眠を妨げる!?
安眠に繋がる音楽や音ってあるの?
結婚してから眠れない!と悩む人が続出!
快適なベッドの位置や部屋のレイアウト
寝る方向によって効果や意味が異なる風水
不眠に最適なアロマ!香りや注意点は?
快眠のためのエアコンと扇風機の使い方
寝ても寝てもまだ眠たいのは過眠症の疑い?
目覚まし時計で起きられない原因とは
快眠のために食べたい&避けたい食べ物
自分にとってピッタリの睡眠時間
快眠に繋がる運動とは
受験生の最適な睡眠時間は?
悪夢を見ないためのポイント
つらい時差ボケ解消法
睡眠と関係がある深部体温とは
睡眠時無呼吸症候群は日中急激な睡魔に襲われる?!
ブルーライトがや照明が睡眠に影響!
寝ている間に足がつる原因と対策
睡眠に効果的な入浴方法
睡眠環境を大きく左右するアイテム
夜型か朝型かは遺伝子で決まる?
寝るときや起きた時に肩が痛い…
夜間頻尿の原因や対策は?
高齢者は注意したい床ずれ
乾燥肌で痒くて眠れない
よだれは睡眠の質が悪いサインかも!?
熱帯夜にエアコンなしで乗り切る方法
逆流性食道炎を楽にする寝方とは?
朝起きたら肘(ヒジ)が痛い…
寒くて起きられない時の寝坊対策
足が冷えて眠れない・・・
夫婦一緒に寝ると不眠になる?!
おすすめ快眠アイテム