; 乾燥肌で痒い!肌トラブルで眠れない悩みを改善するには?|高反発マットレスのススメ

乾燥肌は対策が取れる!肌の潤いをアップしてぐっすり快眠

健康的な肌は適度な湿度を保った状態で潤いがあります。しかし、肌が乾燥した状態になるとバリア機能が低下し、様々な肌トラブルの原因にもなるのです。

 

夜布団に入って眠ろうとしたものの、乾燥肌が痒くて眠れない…ということであればすぐに対策を取ってみてくださいね。ここではなぜ乾燥肌になるのか、効率よく乾燥肌を改善させるためにはどうしたら良いのかなどについてご紹介します。

 

乾燥肌の原因は?

本来肌にはターンオーバーと呼ばれる新陳代謝機能が整っており、それが正常に働いていれば乾燥肌になることはありません。つまり、乾燥肌になっているということはターンオーバーが乱れている可能性が高いということです。

 

ターンオーバーが正常であれば28日周期で肌は新しいものに生まれ変わります。しかしこの生まれ変わりがうまく行われていないと乾燥肌などのトラブルも発生しやすくなるのです。

 

つまり乾燥肌の原因はターンオーバーの乱れにあるのですが、これにも原因があります。

 

次のようなポイントで思い当たるものがないか確認してみてくださいね。

 

皮脂の落としすぎ

お風呂に入った際にナイロンタオルで肌をゴシゴシこするとは肌の表面にある油分も落としてしまいます。油分を落としすぎると肌の表面から水分が失われやすくなるため、乾燥肌に繋がるリスクが高くなるのです。

 

それにお風呂に入っている時はただでさえ肌がふやけていてダメージを受けやすいタイミングでもあるので、このときに硬いタオルでゴシゴシこするのはおすすめできません。

 

ボディソープをしっかり泡立てて洗えば手でこするだけでも汚れは十分に落ちるので、洗いすぎには注意しておきましょう。

 

加齢

若い頃はオイリー肌だったのに、年を取ってから乾燥肌になった…と感じる方も多いです。皮脂の分泌量は加齢によって少なくなっていくので、若い頃は乾燥肌の悩みとは無縁だったという方も乾燥対策を取り入れてみましょう。

 

部屋の湿度が低い

普段生活している部屋の湿度がどれくらいあるのかチェックしてみるのもおすすめです。特にエアコンをかけていたり、ストーブを焚いている部屋は湿度が低くなりがちですよね。

 

湿度が50%を下回った場合には肌の表面からどんどん水分が失われていくので加湿器を取り入れるなどの対策を取ってみましょう。

 

隠れ乾燥肌にも注意が必要

眠れないほど肌が痒いと感じているものの、自分は乾燥肌ではなくオイリー肌だし…と思っている方もいるかもしれませんが、一見するとオイリー肌のように見える乾燥肌の方もいるので注意が必要です。

 

というのも、なぜ肌が脂っぽくなるのかというと大きな原因は肌を乾燥から守ることにあります。肌が乾燥した状態になるとバリア機能が低下するため体が危険だと判断し、必要以上に油分である皮脂を分泌しようとするのです。

 

このように、本来は乾燥肌であるにもかかわらず肌が油っぽくなっている場合は油を取り除くための対策を取るよりもターンオーバーを整えて肌の乾燥を防ぐことが重要になります。

 

乾燥肌で眠れなくなるのはなぜ?

乾燥肌で眠れなくなる大きな原因はかゆみによるものです。布団に入ると衣類が皮膚に密着するポイントが増えるため、少し動いただけでもパジャマと肌が擦れて摩擦によりかゆみを感じることがあります。

 

肌が乾燥していて痒いからといってかくのはできるだけやめておいた方が良いのですが、かくのを我慢していたとしても布団と服、肌が擦れる痛みが肌をかくのと同じ刺激を与えることもあるのです。

 

乾燥肌を改善するための対策

乾燥肌の大きな原因は肌の水分が減っていることにあるわけなので、しっかり保水と保湿をしてあげましょう。特におすすめなのが保湿ローションを塗るということです。入浴後は肌から水分が失われやすい状態になっているので、このタイミングで保湿ローションや乳液を取り入れましょう。

 

乾燥肌の状態がひどい場合には市販のワセリンを使うのもおすすめです。

 

かきむしると肌に大きな負担をかけることになるので、保水や保湿をしても痒い…という場合は病院に相談してみましょう。皮膚科に行けば抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン軟膏といったものを処方してもらえるので、かゆみを抑えられます。

 

また、入浴剤の中には保湿剤が入っているものもあるので、そういったものを使うととても手軽に乾燥肌対策を取れるでしょう。この場合もかゆみが治まるまではお風呂上りに保湿剤を塗って対策を取ってみてくださいね。

 

お風呂に長時間入っているとそれだけで肌の油分が失われやすくなります。乾燥肌の状態が収まるまではさっと済ませておきましょう。

 

また、脂汚れはお湯で流した方が落ちることからも想像できる通り、43度以上の熱いお湯に入るとどんどん肌の油分が落ちていきます。長風呂を楽しみたい方はぬるめのお風呂を選択してみましょう。

 

パジャマを見直すのもおすすめ

出ている際はパジャマの肌と触れ合いやすい状態になるので、パジャマの素材にも注目してみましょう。

 

冬は暖かいという理由でフリース素材のものを選んでいる方もいるかもしれませんが、フリースの多くはポリエステルによって作られています。ポリエステルは肌から水分を奪う特徴を持っているため、フリースのパジャマを着て寝ると乾燥肌の症状が悪化してしまうこともあるのです。

 

ポリエステルは静電気も起こりやすい素材なので、肌のことを考えるとシルクを選択できると良いですね。このような対策はとても手軽に取れるので、乾燥肌の問題を解決して睡眠の質を高めましょう。

 

PICK UP!! お肌に優しいパジャマを探すなら・・

ナルエー

プレゼントにもおすすめ!おしゃれ可愛いパジャマとインナーウェアのナルエー

公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン

線

ラクーネ

「満足度91.6%の腰痛対策マットレス」
おすすめポイント1 点で支える1300個の凸凹構造
おすすめポイント2 長期間使用しても復元率が96%の耐久性
おすすめポイント3 90日間の返金保証制度があるから安心!
詳細ボタン
公式ボタン

線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン

線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
公式ボタン

線
スリープル

「腰痛持ちの方にも極上の寝心地」
おすすめポイント1 リバーシブルタイプだから一年中使用できる!
おすすめポイント2 厚さ17cm!優れた弾力性で睡眠時の負担軽減
おすすめポイント3 保湿性と通気性を両立
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン

関連ページ

正しい寝方
ノンレム睡眠・レム睡眠とは?
寝てるのにあくびがたくさん出る、なぜ?
寝ぞう・寝言・歯ぎしりの原因と対処法
不眠症の原因と対処法
不眠症の治療方法
女性の睡眠障害
うつ病と睡眠の関係はとても深いもの
寝た気にならないのは睡眠障害が原因!?
睡眠時間や質に問題があると太る?
寝付き・寝起きが悪い、起きられない原因
寝酒は危険!
寝具の色が睡眠の質を左右する
眠れない原因はまくらにあるかも?
寝る前してはいけない?睡眠に悪影響を与える行動
足が熱くて寝られない原因とは
妊婦さんの不眠症対策
子供の昼寝を上手に取らせるためのポイント
金縛りが怖くて眠れない!原因と対処法
パジャマの素材で睡眠の質が変わる
お酒やタバコが良質な睡眠を妨げる!?
安眠に繋がる音楽や音ってあるの?
結婚してから眠れない!と悩む人が続出!
快適なベッドの位置や部屋のレイアウト
寝る方向によって効果や意味が異なる風水
不眠に最適なアロマ!香りや注意点は?
快眠のためのエアコンと扇風機の使い方
寝ても寝てもまだ眠たいのは過眠症の疑い?
目覚まし時計で起きられない原因とは
快眠のために食べたい&避けたい食べ物
自分にとってピッタリの睡眠時間
快眠に繋がる運動とは
受験生の最適な睡眠時間は?
悪夢を見ないためのポイント
つらい時差ボケ解消法
睡眠と関係がある深部体温とは
睡眠時無呼吸症候群は日中急激な睡魔に襲われる?!
ブルーライトがや照明が睡眠に影響!
寝ている間に足がつる原因と対策
睡眠に効果的な入浴方法
睡眠環境を大きく左右するアイテム
夜型か朝型かは遺伝子で決まる?
寝るときや起きた時に肩が痛い…
夜間頻尿の原因や対策は?
高齢者は注意したい床ずれ
よだれは睡眠の質が悪いサインかも!?
熱帯夜にエアコンなしで乗り切る方法
逆流性食道炎を楽にする寝方とは?
朝起きたら肘(ヒジ)が痛い…
寒くて起きられない時の寝坊対策
足が冷えて眠れない・・・
夫婦一緒に寝ると不眠になる?!
おすすめ快眠アイテム