よだれは睡眠の質が悪いサインかも!?原因をチェック!

睡眠に関して抱える悩みは人それぞれではありますが、よだれに関する悩みを抱えている方も多いようです。例えば、朝起きた時に枕がよだれで湿っている、寝ている最中によだれに気づいて目が覚めてしまう…といった経験はないでしょうか。

 

寝具が汚れるだけの問題であれば良いのですが、実はよだれがたくさん出るのは睡眠の質が悪化していたり、十分に体が休めていないサインの可能性もあるのです。

 

なぜ睡眠中によだれが出る?

起きている時によだれに悩む方は少ないでしょう。では、なぜ寝ている最中に勝手によだれが出るのでしょうか。

 

何のためによだれが分泌されるのかというと、口の中の乾燥を防ぐためです。つまり、何らかの理由で寝ている最中に口の中が乾燥しやすい状態になっているとそれを防ぐために体は大量のよだれを分泌するわけですね。

 

その大きな理由ともいえるのが口呼吸にあります。

 

口を閉じて鼻呼吸をすれば口の中が乾燥するようなことはありません。しかし、鼻で呼吸をせずに口呼吸になるとどんどん口の中が乾き、これを防ぐためによだれが分泌されています。

 

寝ている時に口呼吸になっているのか、鼻呼吸になっているのかというのはなかなか自分では分かりにくいですが、寝起きのよだれに悩んでいるのであれば口呼吸になっている可能性を疑ってみましょう。

 

鼻呼吸のデメリット

寝ている時によだれが出やすいけれど特に気にしていない方もいるはず。しかし、口呼吸が原因でよだれがたくさん分泌されている場合、様々なデメリットがあります。

 

まず、鼻にはフィルターの役目があり鼻を通して空気を吸うと空気中に含まれるウイルスが入りにくいのですが、口呼吸の場合はダイレクトに入ってくるのです。これにより風邪をひきやすくなったり、様々な不調を感じることもあります。

 

また、睡眠時に何時間も口を開けて眠っていると肌がたるむ可能性があるので、いつまでも若々しくいたいと思っている方は注意が必要です。口が開いたままの状態が長時間続き乾燥すると口内で細菌も発生しやすくなるので虫歯のリスクも高まります。

 

睡眠時無呼吸症候群

もう一つ注意しておきたいのが口呼吸だと睡眠時無呼吸症候群になるリスクが高まるということ。睡眠時無呼吸症候群とはその名の通り睡眠中に数秒〜数十秒にわたり呼吸が止まることをいいます。

 

いびきをかいていたと思ったら突然止まり、しばらくたってからまたいびきが始まった場合には睡眠時無呼吸症候群を疑ってみましょう。

 

いくら寝ている時といっても呼吸が止まるのは健康にとって良くないことですよね。実は口呼吸は無呼吸を引き起こす大きな原因にもなるのです。

 

寝ている時に長時間口呼吸をしていると舌の筋肉が弱まります。本来、口を閉じている時は舌は上あごに張りついているのが正しい状態なのですが、口を開けて寝ると舌が喉の奥に落ち、軌道を狭くしたり、塞いでしまうのです。

 

これによって呼吸ができない状態になると睡眠時無呼吸症候群に繋がるため、健康のためにも口呼吸から鼻呼吸に切り替えましょう。

 

口呼吸になる原因

口呼吸になるのにはいくつかの理由が挙げられます。

 

鼻呼吸がしにくい状態になっている

風邪で鼻が詰まっていたりすると鼻からうまく呼吸ができず、口呼吸になります。鼻炎などのトラブルがある場合はそれを改善することにより鼻の通りが良くなり、口呼吸しやすい状態を作れるでしょう。

 

また、普段から口呼吸がクセになっている方もいますよね。人から「口が開いているよ」と指摘された経験がある方は普段から意識して鼻呼吸を目指しましょう。

 

ただ、寝ている最中に無意識の状態で鼻呼吸を維持するのは難しいので、鼻呼吸が身につくまでの間は鼻呼吸をサポートするアイテムも使うのがおすすめです。例えば、口の上下をふさぐようにテープを貼って鼻呼吸を促すものや、鼻の鼻孔を広げることにより鼻呼吸しやすい状態を作るものもあります。

 

口周りの筋肉が落ちている

口をしっかり閉じるためにはある程度あごと口の筋肉の力が必要です。これらの筋肉が衰えていると無意識の時に口が開き、よだれが出やすい状態になります。

 

気づくと口が開いている方も口周りの筋肉をつけることを意識してみてくださいね。とても簡単な方法が咀嚼回数を増やすということ。つい早食いしてしまう方は口周りの筋肉が落ちやすくなるので注意しましょう。

 

普段からガムを噛むのも効果的なので試してみてくださいね。

 

睡眠中のよだれを改善するには?

鼻呼吸から口呼吸に変更することが一番の対策です。寝ている最中によだれがたくさん出る9割前後の原因は口呼吸によるものとされているので、これが改善できればほとんどの方は悩みが解決します。

 

そのほかには仰向けで寝るのも一つの方法だといえるでしょう。横向きやうつ伏せで寝ているとよだれが垂れやすくなるので体は更によだれを分泌しようとします。

 

仰向けに寝るだけでも多少はよだれの分泌を抑えられるので試してみてくださいね。

 

長年口呼吸だった方は鼻呼吸に切り替えるまでに違和感を覚えたり、時間がかかることもありますが、健康のためにも睡眠時は鼻呼吸の方が良いので鼻呼吸の癖を付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン

線

ラクーネ

「満足度91.6%の腰痛対策マットレス」
おすすめポイント1 点で支える1300個の凸凹構造
おすすめポイント2 長期間使用しても復元率が96%の耐久性
おすすめポイント3 90日間の返金保証制度があるから安心!
詳細ボタン
公式ボタン

線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン

線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
公式ボタン

線
スリープル

「腰痛持ちの方にも極上の寝心地」
おすすめポイント1 リバーシブルタイプだから一年中使用できる!
おすすめポイント2 厚さ17cm!優れた弾力性で睡眠時の負担軽減
おすすめポイント3 保湿性と通気性を両立
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン

関連ページ

正しい寝方
ノンレム睡眠・レム睡眠とは?
寝てるのにあくびがたくさん出る、なぜ?
寝ぞう・寝言・歯ぎしりの原因と対処法
不眠症の原因と対処法
不眠症の治療方法
女性の睡眠障害
うつ病と睡眠の関係はとても深いもの
寝た気にならないのは睡眠障害が原因!?
睡眠時間や質に問題があると太る?
寝付き・寝起きが悪い、起きられない原因
寝酒は危険!
寝具の色が睡眠の質を左右する
眠れない原因はまくらにあるかも?
寝る前してはいけない?睡眠に悪影響を与える行動
足が熱くて寝られない原因とは
妊婦さんの不眠症対策
子供の昼寝を上手に取らせるためのポイント
金縛りが怖くて眠れない!原因と対処法
パジャマの素材で睡眠の質が変わる
お酒やタバコが良質な睡眠を妨げる!?
安眠に繋がる音楽や音ってあるの?
結婚してから眠れない!と悩む人が続出!
快適なベッドの位置や部屋のレイアウト
寝る方向によって効果や意味が異なる風水
不眠に最適なアロマ!香りや注意点は?
快眠のためのエアコンと扇風機の使い方
寝ても寝てもまだ眠たいのは過眠症の疑い?
目覚まし時計で起きられない原因とは
快眠のために食べたい&避けたい食べ物
自分にとってピッタリの睡眠時間
快眠に繋がる運動とは
受験生の最適な睡眠時間は?
悪夢を見ないためのポイント
つらい時差ボケ解消法
睡眠と関係がある深部体温とは
睡眠時無呼吸症候群は日中急激な睡魔に襲われる?!
ブルーライトがや照明が睡眠に影響!
寝ている間に足がつる原因と対策
睡眠に効果的な入浴方法
睡眠環境を大きく左右するアイテム
夜型か朝型かは遺伝子で決まる?
寝るときや起きた時に肩が痛い…
夜間頻尿の原因や対策は?
高齢者は注意したい床ずれ
乾燥肌で痒くて眠れない
熱帯夜にエアコンなしで乗り切る方法
逆流性食道炎を楽にする寝方とは?
朝起きたら肘(ヒジ)が痛い…
寒くて起きられない時の寝坊対策
足が冷えて眠れない・・・
夫婦一緒に寝ると不眠になる?!
おすすめ快眠アイテム