; 高齢者は注意したい床ずれの原因と改善策、治療法を紹介|高反発マットレスのススメ

床ずれは予防が大事!高齢者は睡眠時の姿勢に注意しよう

高齢になると寝ている最中にうまく体を動かせなくなり、寝返りも打ちにくくなります。そのような状態になると床ずれのリスクも高まりますよね。

 

実際に床ずれが発生してから悩んでいる方もいますが、なぜ床ずれが起きるのか、予防するにはどうしたら良いのかについてチェックし、対策を取ってみましょう。

 

高齢者に発生しやすい床ずれとは?

床ずれは正式には褥瘡(じょくそう)と呼ばれる症状です。大きな原因は寝ている最中に姿勢を変えなかったことにあります。人は一晩のうちに無意識に20回前後寝返りを打つのですが、これは体の一部に負担がかかり過ぎるのを防ぐためです。

 

しかし、高齢者になって思うように寝返りが打てない状態になると体の一部分に一定以上の圧力が長時間かかり、皮膚に障害が起きてしまいます。これが床ずれです。

 

高齢者の方は若い方に比べると肌の弾力が低下しているため、若い人よりも短時間で床ずれが発生しやすいのも特徴だといえるでしょう。痩せていて触るとすぐに骨にあたる場合、その部分に床ずれが発生しやすくなります。

 

床ずれの症状

床ずれの症状を知り、できるだけ早期発見をして対策を取ることが大切になります。まず、肌が少し赤くなる状態が床ずれになりかけているサインです。床ずれ以外の原因で肌が赤くなることもありますが、指で3秒ほど押しても赤みが引かないのが床ずれの特徴なので確認し、見てくださいね。

 

この段階ですぐに対策が取れればひどい床ずれになることはありません。しかし、対策を取るのが遅れると皮膚が赤くなっていた部分が水ぶくれなり、皮膚が破れてただれます。膿が出ることもあるので、このような段階になったら早急に医師に相談をしましょう。

 

治療が遅れた場合には傷口から骨が見える状態になることもあります。ここまでいくとご家庭での治療だけで状態を改善させることは難しくなるため、病院で医療的処置を受けなければなりません。

 

床ずれを予防するには?

大きな予防策ともいえるのが長時間同じ姿勢でいるのを防ぐことです。一度床ずれが発生した部位は体の中でも圧力がかかりやすい部位といえるので、その部分に長時間圧力がかからないように姿勢を整えましょう。

 

どれくらいの時間ならば同じ姿勢でいても大丈夫なのかは個人差がありますが、一般的には2時間以上同じ姿勢を取ると床ずれのリスクが高まるとされています。

 

日中のスキンケアも大切

特に寝たきりの状態になると床ずれが発生しやすくなります。床ずれというと寝ている最中の姿勢ばかり気にしてしまいがちですが、日中に行うスキンケアも重要な意味を持っています。

 

肌が不衛生な状態でいると新陳代謝機能が衰え、肌が生まれ変わりにくい状態になるため、しっかりスキンケアをして衛生的な状態を保ちましょう。汚れを落とすだけでなく、化粧水での保水と乳液やクリームでの保湿を行うと更に効果的です。

 

床ずれが発生しやすい部位

体の中でも骨が突出している部分に床ずれが発生しやすいです。肩甲骨や仙骨、肩、肘、膝、くるぶしの後は特に床ずれが発生しやすいので注意しておきましょう。

 

床ずれの治療

何科が良いのかというのは病院によって担当が異なるため、直接確認するのがおすすめです。

 

床ずれが発生した場合、状態がそれほど悪くないのであれば塗り薬が処方されます。特に初期段階の床ずれの場合は塗り薬だけでも状態は改善するでしょう。

 

他には傷が乾燥しないように湿り気を保つドレッシング材と呼ばれる創傷被覆材といった治療法もあります。状態が悪化した場合には手術をしなければならない可能性も出てくるので、できるだけ早めに病院に相談してみましょう。

 

特にメスやハサミを使う外科的治療を行わなければならない状態になると高齢者の身体への負担も大きくなります。

 

栄養素の摂取も重要

床ずれを予防したり、発生した床ずれを早く改善するためには栄養素の摂取が欠かせません。栄養バランスの整った食事を心がけることも大切なのですが、カロリーの摂取量にも注目してみましょう。カロリーが不足している場合にはタンパク質の合成ができず、筋力低下の原因にもなります。

 

また、傷を治すためにもタンパク質が欠かせないので、カロリーが少なくならないように調整が必要です。アミノ酸が不足している場合にもタンパク質を合成されにくくなるので、アミノ酸を豊富に含む肉類や魚も取り入れましょう。

 

食事の内容を考える際にはタンパク質とアミノ酸、銅、亜鉛、鉄、ビタミンといった成分が不足しないように注意が必要です。普段の食生活で不足している栄養素がないか見直してみましょう。

 

寝具の見直しも必要

床ずれの心配がある場合、寝具を見直すのもおすすめです。この場合、体圧分散性能にすぐれたマットレスを選択しましょう。

 

それだけでなく、シーツや寝間着にしわが発生しないように気をつけることも大切です。高齢者は若い人とは違い、肌が非常にデリケートな状態になっています。
シーツや寝間着に発生しているシワが原因で圧力に偏りが発生し、床ずれに繋がることもあるのです。

 

床ずれを予防するためのグッズも多数販売されているので、そういったものも活用しながら予防に努めてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン

線

ラクーネ

「満足度91.6%の腰痛対策マットレス」
おすすめポイント1 点で支える1300個の凸凹構造
おすすめポイント2 長期間使用しても復元率が96%の耐久性
おすすめポイント3 90日間の返金保証制度があるから安心!
詳細ボタン
公式ボタン

線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン

線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
公式ボタン

線
スリープル

「腰痛持ちの方にも極上の寝心地」
おすすめポイント1 リバーシブルタイプだから一年中使用できる!
おすすめポイント2 厚さ17cm!優れた弾力性で睡眠時の負担軽減
おすすめポイント3 保湿性と通気性を両立
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン

関連ページ

正しい寝方
ノンレム睡眠・レム睡眠とは?
寝てるのにあくびがたくさん出る、なぜ?
寝ぞう・寝言・歯ぎしりの原因と対処法
不眠症の原因と対処法
不眠症の治療方法
女性の睡眠障害
うつ病と睡眠の関係はとても深いもの
寝た気にならないのは睡眠障害が原因!?
睡眠時間や質に問題があると太る?
寝付き・寝起きが悪い、起きられない原因
寝酒は危険!
寝具の色が睡眠の質を左右する
眠れない原因はまくらにあるかも?
寝る前してはいけない?睡眠に悪影響を与える行動
足が熱くて寝られない原因とは
妊婦さんの不眠症対策
子供の昼寝を上手に取らせるためのポイント
金縛りが怖くて眠れない!原因と対処法
パジャマの素材で睡眠の質が変わる
お酒やタバコが良質な睡眠を妨げる!?
安眠に繋がる音楽や音ってあるの?
結婚してから眠れない!と悩む人が続出!
快適なベッドの位置や部屋のレイアウト
寝る方向によって効果や意味が異なる風水
不眠に最適なアロマ!香りや注意点は?
快眠のためのエアコンと扇風機の使い方
寝ても寝てもまだ眠たいのは過眠症の疑い?
目覚まし時計で起きられない原因とは
快眠のために食べたい&避けたい食べ物
自分にとってピッタリの睡眠時間
快眠に繋がる運動とは
受験生の最適な睡眠時間は?
悪夢を見ないためのポイント
つらい時差ボケ解消法
睡眠と関係がある深部体温とは
睡眠時無呼吸症候群は日中急激な睡魔に襲われる?!
ブルーライトがや照明が睡眠に影響!
寝ている間に足がつる原因と対策
睡眠に効果的な入浴方法
睡眠環境を大きく左右するアイテム
夜型か朝型かは遺伝子で決まる?
寝るときや起きた時に肩が痛い…
夜間頻尿の原因や対策は?
乾燥肌で痒くて眠れない
よだれは睡眠の質が悪いサインかも!?
熱帯夜にエアコンなしで乗り切る方法
逆流性食道炎を楽にする寝方とは?
朝起きたら肘(ヒジ)が痛い…
寒くて起きられない時の寝坊対策
足が冷えて眠れない・・・
夫婦一緒に寝ると不眠になる?!
おすすめ快眠アイテム