腰痛の症状を和らげるシップ(温シップ・冷シップ)の選び方について、分かりやすく説明します。

「腰痛がつらい!でも、マッサージサロンや病院へ足を運ぶヒマなんてない!」

 

そんな時、各ご家庭で大活躍しているのは湿布の存在です。ドラッグストアーに行けば、実に様々な湿布が市販されていますので、腰痛への応急処置として活用している方も少なくはないでしょう。

 

しかし、ここである疑問が浮かんできます。

 

温シップと冷シップがあるけど、どう使い分けたら良いんだろう!?」という問題です。

 

とくに意識せず、“腰痛”と記載されたパッケージのものを購入する方もいらっしゃるでしょうが、実は腰痛の症状によって貼るべきシップは異なります。もしかすると、今まで良かれと思って貼っていたシップが、却って逆効果になっていた可能性も十分に考えられるのです…。

 

ここでは、症状ごとに異なる温シップと冷シップの使い分けについてお話しします。ご自身の腰痛にマッチした自宅ケアを叶えるヒントにご一読ください。

 

【慢性型の腰痛】には、温シップ!

温シップはその名の通り、患部を温めてくれるシップ。温めてくれるメカニズムには様々なタイプがありますが、用途は一貫して「温める事で改善・緩和が期待できる痛み(腰痛)」です。

 

腰痛を、突然痛みに襲われる「急性型」と、いつからそうなったかは定かでないが長期的に痛みが続いている「慢性型」の二つに分けた場合、慢性型の腰痛であれば温シップの使用が好ましいといえます。

 

慢性型の腰痛は、多くの場合、血行不良や筋肉の硬直が関わっています。患部を温める事で血行を促進させたり、筋肉の緊張を解きほぐす事で、痛みや症状の緩和が期待できるでしょう。

 

入浴した際に、「腰が気持ちいい?」と感じるのであれば、慢性型腰痛のサインかもしれません。シップ以外でも、バスタイムや、湯たんぽを使って温める方法も有効です。

 

【急性型の腰痛】には、冷シップ!

温シップとは逆に、患部をクールダウンさせる必要がある腰痛の場合、冷シップを活用する方が痛みを和らげる事につながります。クールダウンする必要があるのは、急性型の腰痛です。

 

ぎっくり腰や、スポーツで痛めた(捻挫や打撲)など、突如腰痛に見舞われた場合、その症状は筋肉の組織が傷ついて炎症を起こしたもの。痛みがある場所は、周りよりも温度が高くなっている事もあるでしょう。炎症した箇所を温めると、逆に症状を悪化させてしまうかもしれません。

 

急性型の腰痛が起こった際には、冷シップや氷のうを使って患部をアイシングし、痛みが和らぐまで安静にしておきましょう。

 

どちらか分からない!という場合、「気持ちいい」と感じらる方を!

急激な痛みに襲われる「急性型」腰痛と、長らく腰の痛みが継続している「慢性型」腰痛…。ほとんどの場合、ご自身の腰痛タイプが、この二つのうちどちらになるのか?を自己判断できるのではないでしょうか。

 

もしも「判断できない!」という場合、ご自身が「気持ちいい」と感じられる方をチョイスする方法をオススメします。

 

実は、シップによってもたらされる症状の緩和は、ポカポカとした温かさや、ヒンヤリとした清涼感によって、「治ったように感じているだけ」で、腰痛そのものが治ったわけではありません。つまり、あくまでも腰痛による痛みが自然に遠のくか、病院へ行くまでの応急処置にすぎないという事。

 

「痛みが和らいだ」「気持ちいい」と感じられた時点で、シップの役割を十分に活かす事ができていると言っても過言ではないでしょう。

 

腰痛でのシップ選びでは、以下のポイントを押さえて自宅ケアに活かしてください。

 

  • 慢性型には、温シップを使用する。
  • 急性型には、冷シップを使用する。
  • どちらか判別できない場合は、「気持ちいい」と感じる方を使用する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン


線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン


線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
エアツリー公式ボタン

線

エアキューブ

「血行を妨げない!点で支えるマットレス」
おすすめポイント1 1830個以上の独自のキューブカット構造
おすすめポイント2 ダニやホコリがつきにくいウレタンフォームで安心!
おすすめポイント3 5cm、10cmの2タイプから選べる!
エアキューブ詳細ボタン
エアキューブ公式ボタン

線
エムリリー優反発マットレス

「次世代のウレタンフォームを使用したマットレス」
おすすめポイント1 特殊な2層構造により、高い反発力と低反発のような柔らかさを実現!
おすすめポイント2 3種類の厚みから選べるラインナップ♪
おすすめポイント3 送料無料の3年保証!
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン