; 人生の3分の1を占める睡眠時間で、腰への負担を軽くするハウツー|高反発マットレスのススメ

寝ている間に腰痛改善!?腰に負担をかけない寝床作りや寝方について、わかりやすく紹介します。

ツラい腰痛を改善させようと、マッサージやストレッチを頑張っているみなさん!寝方に注目したことはありますか?

 

人生の3分の1をしてめている睡眠時間です。起きている間にいくら努力や工夫を積み重ねても、睡眠が腰に負担かけていては効果も半減…。むしろ、マイナスになっている事も考えられます。

 

寝ている間も腰へのダメージを軽減できれば…、腰痛からの脱却もよりスムーズなものになるはず。ここでは、そんな「腰に負担をかけない寝方」についてお話しします。

 

腰に負担をかけないために!整えたい寝床の話

「おやすみなさーい」とベットインする前に、まずは寝床の環境をチェックしてみましょう。毎日使用している寝具や環境が、あなたの腰痛を引き起こす原因となっているのかもしれません。

 

ゴロゴロと寝返りがうてるほどの十分なスペースはある?

「寝相が悪い」と言いますが、睡眠中の寝返りは“血行不良を防止する”という非常に重要な役割を担っています。

 

長時間同じ姿勢で寝続ける事は、寝具に面した皮膚の下に流れる血行を滞らせ、血行不良は疲労回復の阻害や腰痛の原因につながっていしまうのです。

 

まずは、ゴロゴロと寝返りがうてるほどの十分なスペースを確保しましょう。

 

マットレスはちょうど良い硬さ?

寝ている体を支えているマットレスの硬さは、想像以上に腰へのダメージを左右させています。

 

しばしば、「硬いベットで寝る方が腰に良い」と耳にする事があります。柔らかすぎる環境では、重たい部分である腰周りが沈み込み、姿勢に歪みが生まれてしまうため、このような言われ方をしているのです。

 

しかし、たとえば硬すぎる敷き布団の上に仰向けに寝た場合、肩や腰が敷き布団(床)と密着し、その部分だけで体重を支えている状態になってしまいます。当然この状態は、腰に優しい環境とは呼べないでしょう。

 

つまり、マットレス選びでは姿勢を理想的な位置にキープする適度な硬さが重要。高反発マットレスは、まさにこのバランスが取れた理想的な睡眠環境をもたらすと、注目を集めています。

 

腰痛改善を目指すなら!まくらは不要!?

理想的な睡眠をまくらに求めている方は多いでしょうが、じつは腰痛改善を目指すのであれば“まくら無し”がもっとも理想的です。

 

とはいえ、いきなり“まくら無し”で寝ることは難しいかもしれません。その場合は、バスタオルを調節して、ちょうど良い高さのまくらを自作し、少しづつ低くしていく方法がオススメ。

 

腰痛以外にも、肩こりや頭痛、姿勢矯正など、嬉しい効果が目白押し!ぜひ今夜から、まくら無し睡眠を始めてみてはいかがでしょうか?

 

寝姿勢の工夫で、腰痛改善の兆しが見える!?

理想的な寝床を整えたら、さっそく「腰に負担をかけない寝方」にトライしてみましょう。

 

寝る前はストレッチやマッサージでリラックスを…

睡眠の前の一工夫。ゆったりとストレッチやマッサージを行い、血行促進を促しましょう。

 

日中の活動で負ったダメージや、疲労を回復させるためのエネルギーチャージを行う睡眠時間。老廃物を受け取り、新たな栄養素や酸素を供給する血液は、睡眠の質を司る要(かなめ)だとも言えます。

 

また、睡眠前のストレッチやマッサージにはリラックス効果があり、体を睡眠モードに切り替えることも期待できます。

 

ストレスを感じない、自然な寝姿勢が一番!

「この姿勢が腰痛に良い!」と聞くと、多少無理してでも、その姿勢で寝ようとしてしまうものです。しかし、この“無理”がかえって腰痛の発生や悪化を促してしまうことも。この理由から、自身が“おさまりが良いと感じられるポーズ”を一番にオススメします。

 

日中とっている何気ない癖や、その癖によって体に染み込んでしまった歪みは、人それぞれ異なります。「あ、このポーズ気持ち良い」と感じられる自然な寝姿勢で、ゆったりと体を休めてください。

 

膝の間にクッションやまくらを挟むと、さらに負担を軽減できる!

「膝の間にものを挟んで寝ると、なんだか楽…」と感じたことはありませんか?このように、私たちが直感的に抱く“楽”という感覚にも、腰への負担軽減のヒントが隠れています。

 

膝の間に何かを挟めることで、上半身と下半身を適度に固定させ、腰への負担軽減効果があることが分かっているのです。膝の間に挟めるものは、抱き枕でもクッションでも構いません。お手持ちのアイテムをうまく活用させて、腰に快適な睡眠を目指してください。

 

「腰痛を治したいけど、なかなか時間がない…」という方でも、睡眠時間は毎日あるはず。寝ている間に腰痛の改善を目指せるメリットは、見逃すことはできませんね。寝床や寝方を改善させて、腰への負担を軽減させてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランキングバナー
モットン

「高い支持率で安心満足!3ヶ月半のお試し期間を用意!」
おすすめポイント1 低エネルギーでしっかり寝返りができる!日本人に合わせた設計
おすすめポイント2 高い通気性で寝心地にもこだわった製法
おすすめポイント3 ダニが住み着きにくく、ホコリがでないウレタンフォーム
詳細ボタン
公式ボタン

線
雲のやすらぎ

「メディアも絶賛!注目度の高いマットレス」
おすすめポイント1 17センチのボリュームだから床に直接敷いても快適
おすすめポイント2 高品質な羊毛を使用!最適な温度と湿度へのこだわり
おすすめポイント3 リバーシブル仕様なので一年中心地よく使用できる
詳細ボタン
公式ボタン

線

ラクーネ

「満足度91.6%の腰痛対策マットレス」
おすすめポイント1 点で支える1300個の凸凹構造
おすすめポイント2 長期間使用しても復元率が96%の耐久性
おすすめポイント3 90日間の返金保証制度があるから安心!
詳細ボタン
公式ボタン

線
エンジェルサポートマットレス(西川リビング)

「妊婦さん・出産後の女性に大人気のマットレス」
おすすめポイント1 今ある敷布団・ベッドにおくだけでカンタン寝返りサポート
おすすめポイント2 パーツの入れ替え可能でどんな方にでも合う設計
おすすめポイント3 医師からの高い評価!産婦人科でも多く採用されている
詳細ボタン
公式ボタン

線
エアツリーマットレス

「独自カッティング技術による新感覚マットレス」
おすすめポイント1 新しい構造で身体の圧迫感を緩和!通気性も◎
おすすめポイント2 理想的な寝姿勢を導く体圧分散に優れた構造
おすすめポイント3 畳でも利用可能!バンド付きだから収納ラクラク
詳細ボタン
公式ボタン

線
スリープル

「腰痛持ちの方にも極上の寝心地」
おすすめポイント1 リバーシブルタイプだから一年中使用できる!
おすすめポイント2 厚さ17cm!優れた弾力性で睡眠時の負担軽減
おすすめポイント3 保湿性と通気性を両立
詳細ボタン
公式ボタン

線

13層やすらぎ

「厚さ27cmの大ボリューム極上マットレス!」
おすすめポイント1 13層構造による快適な耐圧分散能力
おすすめポイント2 強度の強いプレミアム高反発コイルで極上の寝心地
おすすめポイント3 国内工場にて製造された安心・安全の日本製!
詳細ボタン
公式ボタン